イタリアの高速列車フレッチャロッサ  運転開始以来の主力車両ETR500/ Italian high speed train Frecciarossa ETR500

列車大国のイタリアを代表する高速列車と言えば、赤いカラーリングが印象的なフレッチャロッサですが、そのフレッチャロッサのデビュー以来使用されている車両がこのETR500です。このETR500自体は1990年代に運用が開始され、車内外のリニューアルを経て現在までフレッチャロッサの主力車両の1つとして親しまれています。

最初の登場から30年とはいえ、最高時速は300キロと動力性能的には問題なく、より新型のフレッチャロッサ1000(ETR1000)と一緒に 現在まで、 ミラノ⇔フィレンツェ⇔ローマ⇔ナポリといったイタリアの高速ルートを運行しています。

上の画像は1等車両ですが、実際に乗車すると、革張りのゆったり目のシートは長時間座っていても快適ですし、車内の造りもモダンかつ落ち着いた雰囲気でくつろげます。

またボックス席はこうした感じで通路からパーティションで仕切られていて、プライバシーも配慮されています。個人的には新型のフレッチャロッサ1000よりも重厚感や高級感があってインテリア的にはこちらの方がグレードが上のように感じます。

そろそろ新型の1000の方が車両的には増えてきて、乗り合わせる機会も多くなっていますが、まだまだしばらくはこのETR500もイタリアの高速路線を元気に走り回ってくれると思います。

フレッチャロッサなどヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スイスとイタリア間のパノラマルート チェントバーリ鉄道/ Centovalli railway Ticino – Italy

前回ご案内したゴールデンパスラインを含め、スイスには多くのパノラマルートがありますが、その1つとして忘れてならないのはこのチェントバーリ鉄道です。この鉄道はスイスのロカルノと国境を越えたイタリアのドモドッソーラとを結んでおり、チェントバーリ(ハンドレッドバレー/百の谷)の名前の通り、多くの谷や峠を越えて走る観光ルートなのです。

ドモドッソーラのチェントバーリ鉄道の乗り場は、通常のトレンイタリアのホームとは少し別の場所にあり、入口から地下に入り、スロープを降りていくとそこがホームとなっています。時間帯によって窓が大きめのパノラマ仕様の車両も利用できます。

なおこの鉄道は西半分はイタリア内を運行しますが、鉄道会社自体はスイス側に属していて、スイストラベルパスでもそのまま利用可能です。

列車はドモドッソーラを出ると、いくつもの山や谷そして村々を縫うように走っていきます。

特に数千メートル級の山々の大パノラマがバーンとひろがっているというわけではないのですが、より優しい雰囲気の山々の風景が楽しめるといったイメージです。またちょこちょこと小さな駅に停車し、住んでいる方の生活の息吹も感じられます。

その名前の通りのこうした深い谷もいくつも越えていきます。そうしてロカルノまではおよそ2時間の見どころいっぱいのショートトリップになります。

ロカルノもまた地下駅となっていて、他の駅と比べて近代的な施設になっています。ここからエスカレーターを上がるとスイスとイタリア間のECなども停車する通常の鉄道駅の目の前に到着です。このあたりはスイスでもティチーノ地方と呼ばれるイタリア語圏になります。

チェントバーリ鉄道は、氷河特急やベルニナ特急のような専用パノラマ列車などはないため、それほどは有名となっていませんが、スイスとイタリアとの移動の間に組み込むと、いわゆるスイスアルプスのイメージとは少し異なった山々の風景が楽しめると思います。なおスイス関連商品の手配やお求めは下の当社のショップHPからぜひどうぞ!

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

今夏から本格運行開始!乗り換えなしの直通パノラマ列車ゴールンデンパスエクスプレス / Goldenpass Express now fully operated!

(スイス関連チケットについては当社ショップよりお求め下さい)

ユングフラウなどの玄関駅でもあるインターラーケンと、ジュネーブにも近いモントルーを結ぶ観光ルートがゴールデンパスラインですが、このルートを乗り換えなしで結ぶ 話題のパノラマ列車がこのゴールデンパスエクスプレスです。昨年12月の運行開始からしばらくは車両の技術トラブルが続きましたが、ようやくこの夏からようやく本格運転を開始しました。

gpx logo

このルートはもともと2つの鉄道会社にまたがっており、それぞれのレール幅が違う(1435mと1000m)ために、従来どうしても途中のツバイジンメンでの乗り換えが必要でした。しかし今回のゴールデンパスエクスプレスには新開発の軌間可変車両(いわゆるフリーゲージ車両)が導入され、念願の直通運転が可能となったのです。 (このためにしばらく車両トラブルが続いたわけですが)

こうして誕生したゴールデンパスエクスプレスは上のタイムテーブルのようにインターラーケンとモントルー間を1日4往復分運行しています。所要時間は3時間10分程度ですので、移動と車窓風景の観光を兼ねて程よい長さかもしれません。

また車両デザインはフェラーリなども手がけた有名デザイナーのピニンファリーナが担当し、なかなかのスタイリッシュっぷりです。車両は全てパノラマ仕様で、各席から車窓風景が満喫できるようになっています。

また車両的には、通常の2等と1等に加え、特等にあたるプレステージクラスが連結されているところも特筆ポイントです。 ちなみに席配置は2等は通常の2+2列で、1等は2+1列。そしてプレステージクラスは2+1列は変わりませんが席の位置が高めになって仕切りも付くなどより高級感あふれた配置となっています。

また車内では、簡単なドリンクや朝食から、ゴージャスにキャビアやシャンペンまで、ケータリングサービスも充実しています。 予約時にこうしたケータリングを合わせて手配しておくことも可能です、

なおプレステージクラスは 座席予約は 必須となっています。 通常の1等や2等も、予約は必ずしもマストではありませんが、運行以来人気が続いていますので、確実に予約しておくのがおススメです。

ぜひこれからのスイス旅行にはこのゴールデンパスラインを組み込んでより華やかな列車旅を楽しんで欲しいと思います。なおゴールデンパスラインのご手配等は下の当社のショップHPからぜひどうぞ!

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ユングフラウヨッホ クライネシャイデック経由の登山鉄道の利用ももちろんおススメ! / Mountain train via Kleinescheidegg

ヨーロッパでの標高最高駅のユングフラウヨッホで山上からの眺めやトレッキング、ショッピング、ランチなどを楽しんだら、ここから帰路はまた登山鉄道で下りていくことになりますが、行きはアイガーエクスプレスでアイガーグレッチャー乗り換えで来たのであれば、帰りはやはりクライネシャイデック経由の伝統の登山鉄道の乗り継ぎがおススメです。

ユングフラウヨッホの駅の乗車ゲートはアイガーグレッチャー行きとクライネシャイデック行きとで始めから乗車口が分かれています。

ここも行きのグリンデルワルドターミナル駅やアイガーグレッチャー駅のように予約ありの方(グリーン)と予約なし(イエロー)の方でレーンが分かれていて、予約があるとグリーンのレーンからスムーズに入場することができます。

こうしてクライネシャイデック行きの車両に乗車となります。アイガーグレッチャーで降りる場合は乗車ゲートの時点で間違えないよう気を付けて下さい。

列車はユングフラウヨッホからのトンネルを抜けると、まずはアイガーグレッチャーに停車し、さらに下っていきます。

そしてここクライネシャイデックに到着です。この時期はまたかなりの雪が残っていました。ここからは行きとは別ルートのラウターブルンネンへの登山鉄道に乗り換えます。 (もちろんグリンデルワルド方面への登山鉄道に乗り換えることもできます。)

車両はルーフ近くまで窓が取られていて、車内からの外の風景が楽しめるようになっています。

列車は徐々に高度を下げ、途中カーフリーリゾートとしても知られるウェンゲンを通っていきます。 こうしてラウターブルンネンに到着となります。

ラウターブルンネンからはインターラーケンへの列車が接続しています。 やはりインターラーケンからユングフラウヨッホの往復の際は、行きはグリンデルワルド経由でアイガーエクスプレスを使って一気に山上まで上がり、帰りはこのクライネシャイデックでの登山鉄道の乗り継ぎでラウターブルンネン経由で戻ってくるのが、乗り物的にも風景的にも変化があって一番楽しめると思います。ようやくコロナ明けで、観光を楽しめる時期が戻ってきましたので、ぜひ今年これからスイスに行かれる方はこのユングフラウの観光を楽しんで欲しいと思います。詳細情報はこちらの当社HPもご覧ください。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ヨーロッパ最高標高駅3454mの ユングフラウヨッホ /Top of Europe

アイガーエクスプレスの開業で、グリンデルワルドから1時間ほどで到着できるようになったここユングフラウヨッホはTop of Europeの別名を持ち、ヨーロッパの鉄道の最高標高の駅として知られています。

日本のレトロなポストもちょっとした存在感を放っていますが、ここユングフラウヨッホではミュージアム的な観光施設の他、多くのショップやレストランも営業しています。アイガーエクスプレスの開業に合わせてリニューアルもされたようでなかなか華やかな雰囲気になっています。

建物内にはこうした多くの氷の彫刻や、またアルパインセンセーションと名付けられたアルプスの自然や植生などの案内もあって、一通りの観光も楽しめます。

またリンツチョコレートなどさまざまなスイス関連のショップも軒を連ねていて、ここでスイス関連の土産なら一通り揃うイメージです。

ユングフラウヨッホでランチを取る方も多いでしょうか、ここでは簡単なカフェテリア的なセルフレストランやアラカルトタイプの本格的なレストランなどのチョイスが可能で、ここが3000メートル級の山の上とはなかなか思えないほどです。

もちろん展望台からはアルプスの氷河や4000メートル級の山々の景色を楽しみことができます。また夏の時期には周辺のちょっとしたトレッキングも楽しめます。

さすがにヨーロッパの最高標高駅だけあって、抜群の大パノラマと言えるでしょう。

このユングフラウ鉄道は、最近の円安もあって、高いというイメージもありますが、それでもここユングフラウヨッホを訪れる価値はもちろんあると思います。ぜひ今年のご旅行にこのユングフラウにいらして下さい。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スイス アイガーグレッチャーからユングフラウヨッホへ登山列車で!夏は予約がおススメ!!/Eigergletscher to Jungfraujoch

(スイス関連チケットについては当社ショップよりお求め下さい)

高速ゴンドラのアイガーエクスプレスで グリンデルワルドからアイガーグレッチャーに到着すると、ここからはまた従来からの登山鉄道に乗り継いでユングフラウヨッホに向かうこととなります。アイガーグレッチャー の駅もアイガーエクスプレスの開業に伴なって現代的にリニューアルされていて、乗車の際はこうした入場ゲートを通っていくようになっています。ここも予約した人用のグリーンのゲートと、予約のない人用のイエローのゲートに分かれています。

予約のある人は予約券をリーダーにかざしたり係員に見せたりして、スムーズにゲートを通れますが、予約のない人は上の画像のように予約のある人が優先的に乗車した後の入場となり、残席がない場合はかなり待たされることになります。夏のハイシーズンには多くのお客さんが詰めかけ、どれくらい待たされるかも定かでないですので、便予約はこうした時期にはゼッタイおすすめと思います。(最悪ユングフラウヨッホまでたどり着けない場合もあり得ますので。)

乗車ゲートを通って、階段またはエレベーターで下のフロアへ降りると、そこが乗車ホームになっています。車内は特に座席指定制ではありませんのでお好きな席を確保して座っていただくこととなります。

ほどなく列車はアイガーグレッチャーを出発し、ユングフラウヨッホへ向かいます。途中のアイスメーア(Eismeer)では今まで通り、列車交換の間に展望窓からの雄大な風景が楽しめます。

そして出発後、約25分程度で列車はほどなくユングフラウヨッホに到着となります。 グリンデルワルドターミナル駅をアイガーエクスプレスで出発してからまだ1時間も経っていない内に、この標高3454mの ユングフラウヨッホ Top of Europe までたどり着けるというのは今までの感覚からするとなかなか衝撃的でもあります。

今までユングフラウヨッホまで来たことがある方でも、アイガーエクスプレスでユングフラウの新たな魅力が楽しめるように思います。ぜひスイスのご旅行の際にはこのユングフラウにいらして下さい。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スイス アイガーエクスプレスでユングフラウへ「ひとっとび」!高速ゴンドラ運転中!/ Jungfrau Railways, ‘Fly’ by Eiger Express

前回ご案内したグリンデルワルドターミナル駅とアイガー直下のアイガーグレッチャーとを結ぶ新しい高速ゴンドラがこのアイガーエクスプレスです。ユングフラウ鉄道の一大プロジェクトとして20年12月に運行を開始し、登山鉄道を乗り継ぐと40分以上かかるこの区間をわずか15分で結びます。

アイガーエクスプレスはグリンデルワルドターミナル駅の奥の方にその乗車口があります。画像でわかるように、乗車ゲートはグリーンとイエローに分かれていて、グリーンは予約あり、イエローは予約なしのお客様用になっています。夏のハイシーズンなどは予約がないと相当待たされる可能性がありますので、お決まりの場合は予約しておくことを強くお勧めします。予約してグリーンのゲートから優先的に入場するとちょっとした優越感も感じられますし。

ゲート内に入場すると、このアイガーエクスプレスのゴンドラは40秒おきに運転していて、どんどんその回ってくるゴンドラに乗車していき、大体の人数になるとドアが閉められて出発となります。1キャビンあたり26人が乗車可能ということで、登山鉄道と比べてもかなり大きな輸送キャパシティといえるでしょう。

出発後はさすがに最新鋭の高速ゴンドラということもあって、一気に離陸するように上がっていきます。登山鉄道とは違って視界がほぼ360度あり、どの席からでも四方の圧倒的なパノラマが楽しめます。この乗車の間はほぼ撮影タイムになる感じです。

グリンデルワルド方向もかなりの高低差で展望を楽しめます。また季節によってはこうした雄大な雪山のパノラマも楽しめます。

そんな風に景色に見とれている内にあっという間に標高2320メートルのアイガーグレッチャー駅に到着します。 また 本当に「ひとっとび」で到着という感じで、従来からの登山鉄道の乗り継ぎとは全く違うイメージでの移動となります。今まで何度かユングフラウを訪れてきた方でも、このアイガーエクスプレスに乗るために再訪する価値はあると思います。

このアイガーエクスプレスの運転開始で、ぐっと便利になり新たな魅力も加わったユングフラウエリアを、 ぜひこのコロナ明けの今年こそ楽しんで欲しいと思います!ユングフラウ鉄道をはじめとした各種スイス鉄道商品のお申込みお求めは弊社のスイスショップよりぜひどうぞ!

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ユングフラウ観光の「新ターミナル」 グリンデルワルドターミナル駅/Grindelwald Terminal – New terminal station for Jungfrau region

(スイス関連チケットについては当社ショップよりお求め下さい)

夏のスイスで一番人気の山岳鉄道と言えばやはりユングフラウ鉄道でしょう。そのユングフラウ鉄道では2020年12月に最新鋭の高速ゴンドラ、アイガーエクスプレスが運転を開始し、ユングフラウヨッホまでの移動が一気に便利になりましたが、そのアイガーエクスプレスの起点としてこのユングフラウ観光の新しいターミナルとなっているのがグリンデルワルドターミナル駅です。

junmap22
image: jungfrau Railways

このグリンデルワルドターミナル駅は、従来からのグリンデルワルド駅から1駅下のインターラーケン側にできた新しい駅で、インターラーケン方面からの登山鉄道とアイガーエクスプレスやメンリッヒェンへのゴンドラ( メンリッヒェンバーン)との乗り換えの新ターミナルとなっています。いわばユングフラウ観光の新しい要の駅といえるでしょう。なおもともとのグリンデルワルド駅はそのままありますので、降りまちがいなどないように、上のマップでも位置関係など確認していただくといいでしょう。

インターラーケンからの列車をこのグリンデルワルドターミナル駅で降りて、階段を下り、動く歩道などを通って進むと外に出ることなしに、 2~3分くらいでほどなくターミナルの建物に到着します。

ターミナルの建物は現代的な造りになっていて、 アイガーエクスプレスやメンリッヒェンへのゴンドラとの乗り換えのお客さんでとても賑わっています。ショップや飲食店なども多く入っていて乗り換えの際にちょっとくつろいだり、ショッピングを楽しんだりもできて、便利になっています。

アイガーエクスプレスの乗車口も、今までの登山鉄道の雰囲気とは別物の、モダンで今っぽいデザインとなっています。なお画像では少し見にくいですが、予約のあるお客さんはここでグリーンのサインの列を通って、待ち時間なしで優先的に乗車できます。予約がないと結構待つことになるでしょうから、特に夏のハイシーズンには予約は絶対した方がいいと思います。。

このグリンデルワルドターミナル駅の開業とアイガーエクスプレスの運転開始でユングフラウ観光はぐっと便利になっています。ぜひコロナ明けの今年こそスイスユングフラウの旅行を楽しんで欲しいと思います。
(なおユングフラウをはじめとした各種スイス鉄道商品は当社スイスショップよりお求めになれますのでぜひどうぞ)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2959.jpg

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ゴールデンパスライン ルツェルン―インターラーケンエクスプレス 手軽に美しい車窓風景を満喫/ Swiss Goldenpass line Luzern-Interlaken

スイスの鉄道には多くのパノラマルートがありますが、その中でも、中心都市のチューリッヒからのアクセスも良く、わりと気軽に楽しめるのがゴールデンパスラインの東半分にあたるルツェルン―インターラーケン間と言えるでしょう。

この区間の列車はルツェルン-インターラーケンエクスプレスと名づけられ、 美しい古都のルツェルンからユングフラウの玄関口のインターラーケンまでの約2時間、スイスアルプスの山々やいくつもの湖など本格的なスイスらしいパノラマが楽しめるのです。

このルツェルン-インターラーケンエクスプレス は1時間おきに 運行され、車両は景色が楽しめるよう天井近くまでが窓となったパノラマ仕様となっています。またビストロ車両(食堂車)も連結され、 風景を眺めながらのランチなども楽しめます。

ルツェルン湖沿いの岩山やザルネン湖の青い湖水、急勾配を登っていく迫力のブリューニック峠越え、またブリエンツ湖越しのユングフラウの眺望など、
退屈することのない2時間と言えるでしょう。

このルートは車窓風景を目的としての乗車はもちろん、チューリッヒとユングフラウ方面との間のアクセスとしての利用も便利かと思います。

なおこのルツェルン-インターラーケンエクスプレスは座席予約なしでも利用はできますが、これからのハイシーズンには混んでくる場合も多いですので、安心して車窓風景を満喫したい場合には、事前の座席予約がお勧めです。当社では¥3500でお受けしておりますので、詳細情報などは当社HPもご覧ください。またスイス関連のご手配は当社のスイスウェブショップよりお申し込み頂けます。

ようやく海外旅行も自由に楽しめるようになった今年こそ、スイスの鉄道旅行を楽しんで欲しいと思います。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

パリのTGV駅 北駅 東駅 リヨン駅 モンパルナス駅 / Paris TGV stations!

前回はパリとストラスブールを結ぶTGVについてお書きしましたが、パリにはこうしたTGVの発着駅が 方面別に 4箇所あります。東京だと新幹線は東京駅に集約されていますが、パリの場合は分かれていて、リールなど北方向のTGVが発着するのがその名の通り北駅、またストラスブールなど東方向が発着するのが東駅、リヨンやニースなど南方向が行き先の名をとってリヨン駅、そしてボルドーやレンヌなど南西や西方向がモンパルナス駅となります。

北駅はパリらしいクラッシックな雰囲気の駅舎で、北方向へのTGVの他、タリスやユーロスターの発着駅でもあります。ホーム自体は横に並んでいますが、ユーロスターに乗る際は、一度2階に上がって専用のゲートから乗車することとなります。(降車の際はそのままホームから退出となります)

その北駅から歩いて行ける距離(メトロで1駅) にあるのが、前回もご案内した東駅です。

ここはストラスブールやナンシーなどとのTGVの他にドイツとの間のICEなども発着しています。TGV車両とICE車両が隣り合っているのを見ると、仲良しのようなまた張り合っているような雰囲気があります。

またリヨンやマルセイユ、ニース、モンペリエなど南方向のTGVが発着するリヨン駅はパリのTGV駅の中でも代表的な存在かもしれません。

リヨン駅は、駅構内に入ってすぐのホーム(Hall1)の他にさらに奥の方にも発着ホーム(Hall2)がずらっと並んでいます。ですので乗車の際は駅の掲示板でどっち側のホームなのかまずは確認すると良いでしょう。

そしてモンパルナス駅はパリの人気エリアのモンパルナス地区にあって、ボルドーなどの南西や西方向のTGVが発着します。

他の駅とは少々趣きが異なり、目の前に高層ビルのモンパルナスタワーがそびえる再開発エリアにあって駅自体も現代的なビルになっています。 ホームも1Fではなくエスカレーターなどで上がってからの乗車となります。

モダンな雰囲気の中にもパリっぽさが感じられる駅と言えるでしょう。なお画像にもあるように、パリや各都市の主要駅では現在ホームなどに入場ゲートが できていて、乗車前にチケットをスキャンして通って頂くようになっています。乗車前にチケットを確認の上でホームに向かうといいでしょう。

パリのTGVはこのようにどこへ行くかで利用する駅が違ってきますので、予約や乗車の際は駅をよく確認して、乗り遅れなどないようにお気をつけください。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで