フランクフルト空港駅 ICEとSバーンは別ホームから発着/ Frankfurt Airport stations

さて今回は1月の旅行でも立ち寄ってきたフランクフルトの空港駅です。フランクフルトはドイツの空の玄関として日本から多くの直行便も運行する旅行客にメジャーな都市で、ここの空港にはフランクフルト市内はもちろんドイツ各地やさらに周辺国への直通列車も発着する空港駅があります。

IMGP6760

ご存知の方も多いかと思いますが、この空港駅は実は空港内に2か所あります。上の画像の案内表示でお分かりになると思いますが、近距離線用のREGIO駅(Regionalbahnhof)と長距離線用FERN駅(Fernbahnhof)で駅ホームが別に分かれているのです。なおbahnhofはドイツ語で駅を意味します。

IMG_8880

その1つめの近距離線用のREGIO駅は空港ターミナル直下の地下にホームがあります。

IMG_8878

ここは空港ターミナルからわりとすぐで、近郊列車のSバーンが頻繁に発着し、フランクフルト中央駅(HBF)やヴィースバーデンなどの近郊エリアはここから乗車することになります。中央駅へは10分おき位に頻繁に運行していますので、特に出発時間などを気にすることもなく、そのまま駅ホームに行って次の電車を待つことになります。

IMG_9610

そしてもう1つがICEなどドイツ各地やヨーロッパ周辺国などとのICEやICが発着する長距離列車用のFernbahnhofです。ちなみにFernはドイツ語で「遠い」の意味になります。

IMG_9608

ここは空港ターミナルからは少し連絡通路(連絡橋)を歩いた位置にあり、REGIO駅とは違って地上にホームがあります。画像にあるように窓口や案内所、レストランなどもあって、ここから各地へ移動する旅行者のための駅機能が整っています。

IMG_9611

このようにフランクフルトから列車に乗る場合はその行き先によって乗る場所が変わってきますので、初めて行かれる方などは利用の際注意してください。ちなみにREGIO駅もFERN駅もターミナル1内にありますので、ターミナル2に到着した場合はいずれにしても空港内のアクセス電車か連絡バスでターミナル1へ移動が必要となります。(ちなみにドイツではデュッセルドルフの空港駅も似た感じで市内へのSバーンと各地へのICEなどの駅が別々になっています)

IMG_8869

フランクフルト空港からのドイツ内の移動には、こうした駅ホームが2箇所ある点を理解したうえで、ぜひICEやICそしてSバーンなどの列車をご利用ください。

IMGP6751

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ロシアの高速列車サプサン モスクワ⇒サンクトペテルブルク/ Russian train Sapsan Moscow to St.Petersburg

サプサンはモスクワを出発すると、ほどなく市街地を抜けて、その後は原野といった感じの車窓風景の中を走行していきます。冬なので大体は雪に覆われていますが、時々川や湖沿いにも走り、それほど単調という感じでもありません。ICEベースの車両ということもあって特に揺れなどもなく車内はなかなか快適です。

IMG_8550

今回は特等(FIRST)の利用でしたので、まずは車内では毛布や枕、またスリッパやアイマスクなどのアメニティグッズが配られます。雑誌や新聞も好きなものを選ぶことができます。

IMG_8545

またこの特等(FIRST)には食事のサービスも付いていて、今回は9時半位発の便でしたので、朝食がサーブされました。ちょっとロシアっぽさもあってなかなかの味です。今回は朝なので頼みませんでしたが、希望すればビールやワインを飲むこともできます。

IMG_8552

そして食後はコーヒーとデザートも付いていてフルサービスといった感じです。デザートはチョコレートなどを混ぜて焼いたようなロシアでは有名なお菓子のようです。かなりの甘さですが、ロシアっぽくてなかなかイケる味です。

IMG_8554

こうして食事をしている間にもサプサンは途中いくつかの駅に停車していきます。ただいずれもあまり大きな町ではなく、ほとんど人の乗り降りはなさそうでした。

IMG_8559

サプサンにはクラスとしては特等(FIRST)の他に、1等(BUSINESS)と2等(ECONOMY)があり、食事後に車内をちょっと回って見学してみました。1等(BUSINESS)は、2等と同様の2+2列の4列配置ですが、インテリアは黒を基調としていて、1等らしいフォーマルな雰囲気があります。このクラスにも食事等のサービスは付いています。

IMG_8573

また2等(ECONOMY)も配置は2+2列ですが、1等(BUSINESS)に比べるとシートがブルーでカジュアルな雰囲気になります。2等は特に通常食事等のサービスはありませんが、列車や車両によってはサービス付きの場合もあるようです。

IMG_8561

また車内にはカフェテリアのようなバー車両や食堂車もついています。バー車両では簡単なドリンクやその他お土産的なものなどいろいろなものを打っています。食堂車は通常の2等車両のボックス席を利用しているようでした。

IMG_8564

さてこうして車内をウロウロしている内に、ほどなくサンクトペテルブルクへの到着が近づき、車窓にも街が見えてくるようになりました。そして出発から約3時間40分後、ほぼ定刻にサプサンはサンクトペテルブルクのモスクワ駅に到着しました。降りる際にはもちろん特に手続きも何もありませんので、そのままホームに降り、駅建物の方へ向かいます。

IMG_8579

この駅はサンクトペテルブルクの中心に近い場所にあり、駅前もなかなかにぎやかです。もともとヨーロッパに向け建設された街ということもあって、駅から見る街並みもヨーロッパっぽい雰囲気です。

IMG_8587

このロシアの2大都市、モスクワとサンクトペテルブルクを結ぶサプサンは車内も快適ですし、所要時間もほどほどでこの区間の移動には、飛行機と比べてもとても便利だと思います。これからロシアのワールドカップも開催され、このモスクワとサンクトペテルブルク間を移動する方も多くなるでしょうが、ぜひこの間の移動はこのサプサンをお勧めします!

ロシアも含め、ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ロシアの看板高速列車-サプサン/ Sapsan highspeed train in Russia

前回まで、ロシアとフィンランドを結ぶ国際列車のアレグロとトルストイをご案内してきましたが、そのロシア国内の一番のメインルートであるモスクワとサンクトペテルブルクを結ぶ看板列車がこのサプサンです。今年のロシアワールドカップで両都市とももちろん試合開催都市となっていますので、利用する方も多くなると思います。

IMG_8576

ロシア語で「はやぶさ」を意味するこのサプサンは、2009年末にロシア初の高速列車として運行を開始し、それから徐々に便数も増えて現在は1日片道あたり10数便が運行されています。また画像をご覧いただくとわかるように、車両はドイツのICE3をベースにしており、このモスクワとサンクトペテルブルク間を最高速250キロで、およそ3時間45分から4時間程度で結んでいます。

IMG_8537

またクラスは現在、特等(FIRST)、1等(BUSINESS)、2等(ECONOMY)の3クラスとなっていて、特等などには食事のサービス等も付いています。もちろん全席予約制で、料金は、便の空席状況や予約のタイミングで金額が大きく変動があり、大体は2等(ECONOMY)の一番安い場合で¥5000程度から特等(FIRST)の高い場合で¥30000程度あたりになります。なお席の配置は下のシートマップのように特等(FIRST)は1+2列の3列配置で、1等(BUSINESS)と2等(ECONOMY)は2+2列の4列配置となっています。
FIRST
BUS
ECO
(IMAGE: RUSSIAN RAIL RZD)

では1月にこのサプサンにモスクワからサンクトペテルブルクまで乗車しましたので、その簡単なレポートをご案内したいと思います。今回は少々張り込んで、一番高い特等(FIRST)をチョイスしてみました。

IMG_8447

モスクワの出発駅はレニングラード駅になります。レニングラードはサンクトペテルブルクの以前の名前で、モスクワの他の駅名と同様、目的地の名前がついています。なおレニングラード駅のすぐ隣にヤロラフスキー駅という別の駅があり、こことはレニングラード駅はつながっていませんのでちょっと注意が必要です。なおロシアの駅に入る際にはどこも必ず荷物検査があります。特に厳しいことはないですが、一応荷物は全部機械を通す必要があります。

IMG_8532

こうして駅内に入り、カフェや売店などのショップ街を抜け、ホームに向かうとサンクトペテルブルク行きのサプサンがホームの両側に止まっています。なおサプサンの運行スケジュールはちょっと独特で、1時間おきなど均一に運行するのではなく、大体同じ時間帯に10分おき程度に2便がまとめて運行されます。ですので予約した列車がどちらなのか掲示板等で確認して乗り込むことになります。

IMG_8535

特等(FIRST)は、乗り込むときは車両の出入り口に乗務員が立っていますので、そのスタッフにチケットを見せて車内に入ることとなります。(それ以外の車両は車内でのチェックとなります)ドイツのICEよりも車両の幅が広くて、さらにゆったりした雰囲気です。またこの時期クリスマスの飾りもついていてちょっと華やいだ感じもします。

IMG_8558

こうしてほどなくサプサンは定刻にモスクワを出発しましたが、この先の乗車レポートについてはまた来週にお書きします。

ロシアも含め、ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ロシア モスクワへ、意外(?)に快適!夜行列車トルストイ/ Tolstoi night train to Moscow 

列車は出発後、しばらくフィンランド内のいくつかの駅に停車して、ロシア方面へ向かっていきます。この寝台には簡単な夕食も含まれていて、しばらくするとサービスのスタッフが部屋に持ってきます。今回は画像のような魚のピラフのような感じで、味はまあまあで日本人にはいいように思います。なお今回は特に利用しませんでしたが、ロシア料理など本格的な食事をとりたい場合にはもちろん食堂車もついています。また他にも車内ではルーブル両替やタックスリファンドのサービスのスタッフも回ってきます。

SUPPER

そうこうしている内に国境が近づいてきて、フィンランド側の国境駅からまずフィンランド(EU)側の係官が回ってきます。ここでは簡単にパスポートを提示して、EUからは出国(出域)となります。なおトルストイはここで後続のアレグロの最終便に先を譲るため、そこそこの時間停車します。そしてその後ロシア側の国境駅に着くとロシア側の係官が回ってきます。ここでビザの入ったパスポートと、記入済み出入国カードを渡すと、じっくり顔などは確認されるものの特に質問もなく、入国のスタンプが押されます。そしてその後はしばらくしてロシア側の税関の係員がやってきて荷物などをざっとチェックし、これでロシア側の入国が完了となります。

VISA

これで出入国関係の手続きが全て終わって、そこそこ遅い時間(ロシア時間で11時半くらい)となったので、そろそろ寝に入ります。ヨーロッパの通常の寝台と同様、座席の背もたれを倒すとそこが寝台になります。なかなかベッド幅も大きく快適です。

BED

なお寝る前の歯みがきや洗顔は、室内のテーブルを開けるとそこが洗面台となっていますので、そこで済ますことができます。タオルなどのリネン類も清潔でなかなか快適です。

WASH BASIN

当日に日本から到着したこともあって、横になるとあっという間に眠りに落ちてしまいました。列車のゆれはそれなりにありますが、車両が大きいせいもあるのかそれほど気になることもありませんでした。そして特に途中で起きてしまうこともなく、目覚めると既に車窓の風景は明るくなっていました。

MORNING

そして、サービスでテーブルに置いてあるドリンクとお菓子っぽいパンで簡単に朝食を済ませると、徐々に風景に建物が増えてきて、モスクワが近づいてきます。

MOS

そして列車は9時過ぎ、ほぼ定刻きっかりにモスクワのレニングラード駅に到着となりました。列車を降りるときは特に何の手続きもなく、車掌に見送られて、デッキを下りていくこととなります。ホームは通常のヨーロッパの駅と大きく変わることはありませんが、目に入るキリル文字の案内がちょっとエキゾチックさを感じさせます。

MOS

この夜行列車トルストイは、出入国の手続きなどロシアならではの独特のクセはあるものの、列車自体は車両も室内もモダンできれいで、他の西ヨーロッパの国の夜行列車と同等かそれ以上に、快適に一晩を過ごせると思います。夜行列車は朝に到着するので駅や街の様子もわかりますし、1日がより有効に使えるので、便利だとも思います。今後、ワールドカップ観戦なども含め、ロシアへ旅行する際には、アクセス手段の1つとしてこのトルストイもぜひお勧めです。

MOS LED

ロシアも含め、ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ヘルシンキと首都モスクワを結ぶ寝台列車 トルストイ/ Tolstoi night train

フィンランドとロシアを結ぶ列車で、一番便利で利用者も多いのは前回にも書きましたアレグロですが、お互いの首都のヘルシンキとモスクワを直結する唯一の列車が夜行列車のトルストイです。

IMG_8398

ロシアの文豪からその名をとったこのトルストイは、主にロシア鉄道側による運行となり、車両もロシア鉄道側のものが使用され、ヘルシンキとモスクワの間を片道14時間ほどかけて、毎日各1便ずつが運行しています。今回このトルストイにヘルシンキから乗車してみましたので、ざっとそのインプレッションをご案内しましょう。

IMG_8396

まずヘルシンキでは、このトルストイは特に専用のホームなどではなく、フィンランド側の列車と普通に並んで停車しています。緑が主体のフィンランド車両の中に並ぶ、シルバーと赤のモダンな車体は結構目立ち、なかなかキレイです。この時は出発の20分くらい前に乗車がスタートとなり、ホームの先の予約した車両に向かいます。各車両にはロシア側の乗務員が立っていて、その乗務員にチケットを見せて、パスポートなどのチェックも受けた上で乗車となります。国際列車ということもあって乗務員も、やや聞き取りにくいものの英語でのコミュニケーションが可能です。

IMG_8401
 
今回は通常のシングルでの利用でしたが、もともと最大4人利用できる部屋(1/2/4人用)となっていて、広さ的には今までで乗った寝台の中では一番かもしれません。それにインテリアデザインもモダンでかなりきれいです。ロシアっぽいのは机にテーブルクロスが掛けられて、ドリンクや軽食などが並べられているところで、これらはもちろんサービスで料金に含まれています。また室内のアメニティーセットや新聞なども置いてあります。

IMG_8409

ちなみに部屋は自動ロックとなっていてカードキーも渡されます。これもなかなかロシアのイメージ離れした感じです。その他乗車時にはロシア入国に必要な入出国カードも乗車時に乗務員から渡されます。なおこのクロスがかかったテーブルを上に開けるとそこは洗面台になっています。

IMG_8404

なおこのトルストイの寝台のタイプとしてはこの他に、室内にシャワーなどが備わったロシアテイスト満載の、特等にあたる部屋(1~2人用)もあります。一方で一般のヨーロッパの夜行列車にあるようなクシェットやシート車は連結されていません。ちなみに今回利用した通常の寝台については、シャワーとトイレは車両に共用のものが付いていて、そこを使うことになります。(トイレ単独が1ヶ所とシャワー+トイレが1ヶ所) シャワーは今回は使わなかったものの見たところなかなかきれいです。

IMG_8421

さてこうして乗り込んでウロウロしている内に、列車は18時前に定刻でヘルシンキを出発しました。冬のためもうとっくに外は真っ暗ですが、しばらくはヘルシンキの街の明かりがチラホラ続きます。ちなみにルーズなイメージもあるロシアですが、乗る限り列車の運行はなかなか正確です。そのあたりは同じ寒い国のスカンジナビアの国々と共通するものがあるのかもしれません。

IMG_8407

ちょっと長くなってきましたのでこの後のモスクワまでの様子などはまた次回にお書きします。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

アレグロ 手軽で快適にロシアへアクセス/ ALLEGRO convenient & confortable train to Russia 

前回から引き続きの、ロシアとフィンランドを結ぶアレグロですが、この列車はヘルシンキの中央駅とサンクトペテルブルクのフィンランドスキ駅の間を結んでいます。なおロシアの大都市の駅は、パリのリヨン駅などと同様に、発着する列車の目的地が駅名になっていることが多く、サンクトペテルブルクには他にモスクワ駅もあります。

PET FIN

なお乗車の際、サンクトペテルブルクからの場合は、他のロシア内の列車と別に、駅の左奥の方にアレグロの専用口があってそこから入場することになります。メインの駅のコンコースからは乗り場へ行けないようになっていますので注意が必要です。(降車の場合もその専用口から出ることとなります) 

IMG_8664

そして、そこでチケットやパスポートなどのチェックインの手続きを受けた上で、ホームに出て乗車となります。(なおロシアの駅は全て入場の際に荷物チェックもあります)

IMG_8666

一方ヘルシンキでは、他のフィンランド国内の列車と同様にホームに並んだ車両に乗り込むだけで、特別な手続き等はありません。チケットの検札も車内で行われます。

IMG_8711

車内は通常のヨーロッパの高速列車と同様に、1等は1+2列の3列席、2等は2+2の4列席となっています(1等はドリンクと軽食等のサービス付)。ヨーロッパ内のTGVやICEのような200~300キロレベルのスピードで走るわけでもないですが、カーブでは車体を傾けて運行します。車内はなかなか快適で、ヨーロッパの通常の高速列車のレベルに充分達しています。

inside

また車内にはさまざまなドリンク類や軽食などが購入できる売店とバースペースや、さらに食堂車も付いていて本格的な名物料理まで楽しむことができます。(食堂車なども下に書いた国境での出入国手続き中は営業休止となります)

shop

また両国の出入国の手続きは車内では走行中に行われます。座席に座ったままで係官が回ってくるのですが、フィンランド(EU)側の出入国の係官、ロシア側の出入国の係官と税関の係官の、合計3人が車内を回ってきます。ロシア入国の場合でも、ビザがあれば、写真をじっくり見られる位で、特に細かいことを聞かれるわけでもないですし、税関の人も外貨持ち込みをざっくり聞いたり、ランダムに荷物を見せるよう求めるだけで、特に大変ということはありません。ただ3人回ってくる分、出入国手続き全体が終わるまでそこそこ時間はかかります。

IMG_8670

なお車窓風景は、今回は冬のため白一色ですが、ロシア側は森林と原野という感じで、フィンランド側は湖などもあって、日本人から見ると、いずれもそれなりに退屈しないように思います。

IMG_8680

ロシアと言うとどうしても、ビザが必要な点や、国のイメージ的にやや旅行づらいという印象はありますが、このアレグロを利用すれば比較的簡単かつ快適にアクセスできます。所要時間も片道3時間半程度で、ちょっと日帰り観光というのも可能なくらいです。ぜひこのアレグロで通常のヨーロッパとはちょっとテイストも異なるロシアを訪れてみてはいかがでしょうか?

IMG_8694

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

フィンランドとロシアを直結する高速列車 アレグロ/ Allegro train Finland-Russia

今年は夏にロシアでワールドカップが行われることもあって、ロシアへ行く方も増えるでしょうが、前回までのフィンランドとロシアを直結する、人気の高速列車がこのアレグロです。ロシアと言うと旅行するのがいろいろ面倒なイメージもありますが、このアレグロを利用すると便利にフィンランドとロシア間をアクセスできます。

Allegro

このアレグロはフィンランドのヘルシンキとロシアのサンクトペテルブルクを結んでいます。サンクトペテルブルクはエルミタージュ美術館なども有名なロシア観光では一番人気の都市で、ワールドカップの会場の1つにもなっています。

Hermitage

そしてアレグロはこの両都市間を1日片道4便ずつ、およそ3時間半で走行します。このくらいの所要時間だと、空港への移動やセキュリティチェックなどを考えると飛行機に乗るよりもぐっと便利に感じられます。なおヘルシンキとサンクトペテルブルク間の距離は400キロ少々ですので、通常路線を走る列車としてはまあまあのスピードと言えるでしょう。

IMG_8646

そのアレグロは画像でもわかるようにイタリアのペンドリーノ車両が使用されています。ペンドリーノ車両はカーブで車体を傾けて高速で走ることが可能な車体傾斜機能がついていて、この区間のスピードアップに一役買っています。また、ヨーロッパで一般的に使用されている車両ですので、特にロシアということを意識することなく、通常のヨーロッパの感覚で快適に利用することができるといえるでしょう。

alle

もちろん車両には1等と2等があり、全席予約制となっています。フィンランド内の区間はユーレイルパスも有効ですので、パスホルダーの場合はその分安い料金で利用することができます。なお料金は全般的に使用する列車やその列車の空席等の状況によってかなりの変動があります。ちなみに1等はドリンク等のサービスが付いています。

guide

では実際の利用時の情報は次回またご案内します。

alleg

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

フィンランドの看板列車 SペンドリーノとIC / Finnish trains S-Pendolino & IC

1月も下旬で東京でも雪の後やたらと寒い日が続いています。あんまり暖かい冬もなんですが、何ごともほどほどであって欲しいところです。

Spendolino

こちらも寒そうな国のフィンランドですが、フィンランドは南北に細長い国で、南にある首都のヘルシンキと各地を結ぶ列車のネットワークが発達しており、その看板列車となるのがこのSペンドリーノとICです。

findolino

Sペンドリーノは「フィンドリーノ」の愛称もつけられていますが、見た目でわかるようにイタリアのペンドリーノ車両がベースになっています。最高時速220キロで運行し、名前の通りカーブでも高速で走れるのが特徴で、ヘルシンキとタンペレやオウルなどメインルートを中心に運行しています。

SP 1cl

Sペンドリーノにはもちろん1等(エクストラクラスと呼ばれます)と2等があり、1等は画像のようなゆったりした3列配置で、また車両の端にドリンクコーナーがあって、飲み物や新聞等のサービスを利用することができます。

Drink

このSペンドリーノはフィンランドの列車のフラッグシップと言っていいでしょう。なお全席予約制となっていますので、ユーレイルパスなどのレイルパスを利用する際には別途座席予約が必要となります。(1等はサービス付きのため座席予約料がやや高めになります)

F ic

一方のICは、いわゆる一般的な特急で、ヘルシンキから西の港町トゥルクや北極圏のロバニエミ、北東のヨエンスーなどフィンランド内のほとんどの都市間を結んでいます。このフィンランドのICの特徴は車両が画像のように2階建てになっている点です。幅の広い車体(フィンランドはレール幅が他のヨーロッパ諸国より広いため)がさらに2階建てになっていますので、座席数も多く「デカイ」車両という感じがします。

IC 1cl

このICは座席予約は可能ですが任意で、パスのみでも利用可能です。もちろん1等(エクストラクラス)と2等がありますが、ICの1等については一部車両の2階席が充てられ、座席配置は通常の2等と同じ2+2列の配置となっています。もちろん空いていますのでゆったり感はありますし、Sペンドリーノと同様にドリンク等のサービスも付いています。

ic 1cl

フィンランドの列車は運行も正確ですし、車両も全般的にきれいで、とても利用しやすいと思います。フィンランドへの旅行では、ぜひこうしたSペンドリーノやIC(あとロバニエミなどへはサンタクロースエキスプレスで知られる夜行列車も)利用して、快適な移動を楽しんで欲しいと思います。

IC Turku

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

フィンランド ヘルシンキ空港から市内へは列車でラクラク移動 / Helsinki Airport to Central station

1月ももう20日で、一年でも一番寒いシーズンとなっていますが、先週もお書きしましたように、今回から何回かにわたって年末年始にヨーロッパに行った際の情報をご案内して行くよういたします。まず今回からフィンランドです。

HEL A

フィンランドはご存知のように北欧に位置する国で、ヘルシンキがその首都となります。その空港から市内への移動については、以前まで列車を利用しようとすると、空港近くのティックリラ(Tikkurila)という玄関駅まで連絡バスを使って乗り継ぐ必要がありました。これが2015年に新たに空港に直結する路線が開業し、駅施設の整備なども進んで、中央駅までダイレクトに利用できるようになったのです。

HEL APT

実際、空港に到着するともちろん列車駅の表示があり、ターミナル内のエスカレーターなどを乗り継ぐと地下のホームまでは結構すぐです。大きなトンネル内に造られた駅ホームからは2ルートでヘルシンキの中央駅まで10分おき程度に運行していますので、特に時間を確認して乗る必要もありません。

HEL AP

ヘルシンキ空港はさほど市内から離れていないこともあって、所要時間はルートによって20~30分程度で、列車もいわゆる特急的な列車というわけではなく、近郊列車がそのまま空港まで乗り入れてきています。距離的には東京の羽田のようなイメージでしょうか。(沿線の雰囲気はだいぶ違いますが) もちろん予約などはなく全部自由席で、来た列車にそのまま乗り込むという感じです。

HEL INSIDE

出発すれば途中数駅に停車してほどなくヘルシンキ中央駅に到着します。バスやタクシーなどと比べても断然安心で便利だと思います。(なおフィンランドではスウェーデン語も公用語のため、駅名は全て2か国語で表記されます)

HEL C

なおチケットは乗車前に券売機等で買っておく必要がありますが、この区間の列車は実はフィンランドで有効なユーレイルパスも利用できます。料金も手間もかからず便利ですので、ユーレイルパスを持っていて日にちに余裕がある場合にはぜひパスの利用をお勧めします。

HEL APT TRAIN

中央駅はまさにヘルシンキの中心部に位置していますので、ホテルなども集中し、また市内各地へのアクセスも便利です。さらにフィンランド国内のタンペレやロバニエミ、トゥルクなどへの移動についてもそのまま乗り換えできます。

HEL CS

では次回はそのヘルシンキとフィンランド各地を結ぶフィンランドの看板列車のSペンドリーノとICについてご案内します。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

2018年のレイルパス料金の変動は?/ Railpass fares on 2018

新年あけましておめでとうございます。2018年ももうスタートとして2週間近くになりましたが、今年も当ブログではヨーロッパの列車などに関する情報をお伝えしていくつもりですので、ぜひ引き続きご覧いただければと思います。
eurail new
さて毎年ユーレイルなど各種のレイルパスは、通常この1月に料金や商品内容等が改定されますが、今年特に大きく料金が変更となったのはユーレイルの1か国パスです。このユーレイル1か国パスには、イギリス(ブリットレイルパス)、ドイツ(ジャーマンレイルパス)、スイス(スイストラベルパス)を除いた、フランス、イタリア、オーストリアなどの各国のパス該当し、利用国に応じて6段階の料金レベルが設定されています。当然大きい国や列車網が発達している国、西ヨーロッパの国などは高い方の料金レベルになるわけです。

ANR

その料金レベルが、今年は国によってかなり入れ替えられ、このため料金が大きく変動となりました。ベネルクス、フィンランドなどは昨年が3番目のレベルだったのが4番目に、チェコ、スロバキア、ブルガリアなどについては5番目だったのが一番安い6番目となり、それぞれかなり値下がり(ベネルクスなどは15~20%程度、チェコなどは30%程度)となりました。人気の国も多いですのでこれらの国に旅行される方には朗報といえるでしょう。一方でフランスとルーマニアについては料金レベルが上げられ(フランスは3番目→2番目、ルーマニアは6番目→5番目)、値上がり(15~20%程度)となっています。また料金レベルは同じでも今年は5日や8日など日数の長いものは全般的に料金が安くなっています。

TGV Par

またこれ以外でも、ジャーマンレイルパスやスイストラベルパス関連はそこそこの値上がりとなっています。また一方でブリットレイルパスなどイギリス関連のパスは多少の値下がりとなっています。ユーレイルのグローバルパスやセレクトパスについては日数やクラスなどでまちまちとなっています。全体的な詳細の料金情報はこちらの 料金表 でもご確認ください。

Virgin E

このように今年はパス料金の変動がありましたが、こうした中で最適のレイルパスをうまく利用して、お得で便利な列車旅行を今年も皆さんに楽しんでいただきたいと思います。

ところでこの正月期間に自分自身もヨーロッパをある程度周遊してきましたので、次回以降そのトピックを何回かご案内していきたいと思います。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで