【ユーリンク ニュース SEP2019-3 /Italo情報など -EurLink news 】

ユーリンクではヨーロッパの列車などの情報を毎週ユーリンクニュースとしてご案内しております!
udine
———————————————–
ユーリンク ヨーロッパ ニュース SEP2019-3
———————————————–
■イタリア 今月よりイタロのローマ/ベネチア/ウディーネ線が運行開始
イタリアの高速列車イタロのローマ/ウディーネ線が今月1日より新しく運行を開始しました。この間のイタロは当面、ウディーネ早朝発とローマ午後発のそれぞれ1日1便の運行で、途中ベネチア(メストレ)やトレビーゾなどを経由してこの両都市間をおよそ5時間半で結びます。イタリア北東部とローマやフィレンツェなどとの移動がより便利になっていますので、今後もイタリア内の移動にはイタロなどの列車をご利用下さい。なおこの区間のイタロもクラブ(特等)、プリマ(1等)、コンフォート(中間クラス)、スマート(2等)の4クラス制で、ご希望に幅広く対応が可能となっています。詳細情報は下のイタロのHPもご参照下さい。(イタリア語)
https://www.italotreno.it/it/destinazioni-orari/treni-udine-roma

■ユーロスター 今冬も12月よりフランスへのスキートレインが週2便運行
イギリスとフランスなどを結ぶユーロスターは今シーズンは、12/20よりロンドンとフランスのスキーリゾートのムティエやブールサンモリスとを結ぶスキートレインの運行(直行便)をスタートします。運行は概ね、ロンドンが毎週金曜夜と土曜朝の出発、ブールサンモリスが毎週土曜朝と夜出発の週2便で、所要時間は8~9時間程度となり夜発の便はいずれも翌朝の到着となります。今冬のウィンタースポーツ旅行にご利用下さい。詳細は下のユーロスターのHPをご覧ください。
https://www.eurostar.com/uk-en/train/france/ski-train 

■セルビア ベオグラードとブダペスト間の国際列車など工事のため運休中
中東欧のセルビアでは、主要路線の首都ベオグラードとノヴィサドとの間で今年2月から路線工事が行われ、この区間の国内列車と合わせ、ベオグラードとハンガリーのブダペストやオーストリアのウィーンとを結ぶ国際列車なども運休が続いています。ベオグラードとノヴィサド間ではバスなどによる代行運転等も特にありませんので、当面セルビアなどでの列車利用については運行状況等を良くご確認下さい。なおこの区間の運行再開は早くて今年の12月が予定されています。運休についての詳細情報については下のセルビア国鉄のHPもご参照下さい。
http://serbianrailways.com/temporary-suspension-of-the-railway-traffic-between-belgrade-and-novi-sad-from-february-1/

★ヨーロッパ各種レイル関連商品のお問合せやご依頼はユーリンクまでどうぞ!
TEL 03-6434-0468 FAX 03-6434-0469 メール info@eurlink.jp
HP http://eurlink.jp ウェブショップ http://eurlink.cart.fc2.com

ITALO INSIDE

イギリス 新型車両「AZUMA」が今月よりロンドン/エジンバラ間で運行開始中/ AZUMA runs London-Edinburgh

(イギリスのブリットレイルパスなどについては当社ユーリンクHPよりお求め下さい)

以前にご案内しましたように、5月から日本の新型車両の「AZUMA」がイギリスの主要幹線の東海岸線で運転を開始していますが、ついに今月1日より、その代表区間で日本からの利用客も多いロンドン/エジンバラ間でも運転をスタートしました。

azuma
IMAGE:lner.co.uk

このAZUMAは名前のように、日本の日立製作所によって開発された車両で、以前よりロンドンから西方面のグレートウエスタン社のバースやブリストルなどの路線では導入が進められていて、見かけることも多くなっていますが、今回はLNER社が運行する、イギリスの代表的なルートのロンドン/エジンバラ線にお目見えとなりました。なおネーミングの「AZUMA」は東海岸線を走るところからこの名前が付けられています。

EDI

鉄道発祥国でもあるイギリスは、ユーロスターこそ乗り入れているものの、国内路線ではフランスのTGVやドイツのICEといった周辺諸国のような列車の高速化からはやや取り残されてきました。同じ主要路線の西海岸線(ロンドン/マンチェスター/グラスゴー間など)ではイタリアのペンドリーノ車両を導入してそれなりの近代化を進めてきましたが、多くの路線ではいまだに20年以上前の旧型の車両等が多く使用されています。この状況を日々変えていってるのがこの「AZUMA」とも言えるでしょう。AZUMAは従来車両よりも室内スペースが拡大され、静粛性もアップし、WIFIなどの車内設備も改良されるなど、より快適な利用が可能となっています。また今後は向上した走行性能を生かして、この東海岸線のスピードアップも予定されています。

UK AZUMA

これからイギリス内での列車利用がさらに便利で快適になっていきそうです。ちなみにペンドリーノ車両を導入している西海岸線はそのつながりもあってか、今年の12月より現在のヴァージントレインズに変わって、トレンイタリア系の会社(FIRST TRENITALIA)が新たに運行を担当することのことです。今後は日本とイタリアがイギリス内の列車をさらに魅力的な方向に引っ張っていくのかもしれません。

Virgin

ぜひこれからもイギリスでの移動の際には列車をご利用下さい。その際には東海岸線も西海岸線も含め、列車乗り放題パスのブリットレイルパスやブリットイングランドパスもお勧めです。
(詳細はこちら⇒ブリットレイルパス/イングランドパス)

britlogo sma

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで 

ユーレイルグローバルパスでイギリスもエンジョイ! / Travelling UK with Eurail Globalpass

(ユーレイルグローバルパスやブリットレイルパスについては当社ユーリンクよりお求め下さい。)

先月の後半より、ユーレイルグローバルパスの割引キャンペーンとイギリスの各種ブリットレイルパスの+1日キャンペーンがスタートしていますが、そのグローバルパスが今年からイギリスでも利用可能になっていることはまだそれほど知られていないようです。

erp 19

昨年までずっとイギリスとヨーロッパ大陸の国を合わせてカバーするパスはありませんでしたが、ついに今年からヨーロッパ全体で有効のグローバルパスがイギリス内でも使えるようになりました。EUから脱退するBREXITの流れとは逆ですが、実際BREXITにより各国からの旅行客が来なくなってしまうことを恐れたのかもしれません。(5月からのイギリス入国審査の簡略化と同じ方向性なのでしょう)

LON KX

こうして今年からグローバルパスでイギリス内も利用できるようになり、他のヨーロッパの国々と合わせて旅行できるようになっているわけですが、グローバルパスでイギリスの列車に乗車する場合には若干の制約があります。それは利用する列車(運行会社)によっては事前の座席予約が必要となっていることです。もともとイギリス内の列車は夜行列車を除いて、座席予約なしで利用可能で、ブリットレイル関連のパスの場合はどの列車でも自由に乗車できるのですが、グローバルパスの場合は列車によっては乗車前に座席予約が必要となるのです。

VIRGIN TRAIN

予約が必要なのは、ロンドンとバーミンガムやマンチェスターさらにグラスゴーなどを結ぶヴァージントレインズ社、またバースやブリストル、カーディフなど西方面との間のグレートウェスタンレイル社(GWR)、そしてロンドンとヨークやエジンバラを結ぶLNER社、夜行列車を運行するカレドニアンスリーパー社を始め、他にもクロスカントリー社、イーストミッドランド社、グランドセントラル社、グレーターアングリア社、ハルトレインズ社、トランスペニン社、サウスイースタン社が運行する列車になります。(サウスイースタン社は正確には要追加料金)

TRANSPENINE

概ね、特急に相当するような主要都市間等を運行する列車(座席予約が設定されている列車)を利用する際には、予約がマストと思っていいでしょう。なお列車予約はもちろん日本出発前に当社でも手配可能(1列車1名様¥2000)ですし、現地の駅窓口でしたら無料で可能です。イギリス内でグローバルパスを利用する際にはこの座席予約の点だけご注意ください。

VS inside

なおグローバルパスでもちろんイギリスとヨーロッパ大陸を結ぶユーロスターも利用可能(別途要座席予約料)です。ぜひ今シーズンからはグローバルパスでイギリスも含むヨーロッパ全体の列車旅行を楽しんで欲しいと思います。

LON SP ES

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

各種ブリットレイルパスの+1日キャンペーンがスタート!7月末の購入分まで!!/ Brit Railpasses free day campaign

(各種ブリットレイルパスについては当社ユーリンクよりお求め下さい)

早いもので6月ももう明日で終わりとなりますが、そんな今週から夏のイギリスのブリットレイル関連パスの+1dayキャンペーン(フリーデイキャンペーン)がスタートとなりました!

britlogo sma
今回のキャンペーンは、来月7月末までの、ブリットレイルパス、ブリットイングランドパス、ブリットサウスウエストパス(いずれもフレキシー含む)、ブリットロンドンプラスパスのご購入分(発券分)を対象に、通常と同じ料金で1日分多く利用できるという内容になります。例えばブリットレイルパスに関しては現在最短は2日ですが、これが同じ料金で自動的に3日分ご利用になれます。同様に3日であれば4日分、4日なら5日分と、1日多くお使いになれます。例えば現在ブリットレイルパス(連続)2等の場合、2日が¥13800で3日は¥20500ですので、キャンペーン利用で¥6700分お得になると思っていいでしょう。

EDI

イギリスはドイツやスイスなど同様に、夜行などのごく一部を除いて、ヴァージントレインなどの高速列車や長距離区間での利用であっても予約なしで乗車できますので、レイルパスがとても使いやすい国と言えます。気ままな自由旅行にぴったりと言えるでしょう。(もちろん長時間の利用や混雑する時間帯の利用などの場合は座席予約もお勧めです) また空港アクセス列車のヒースローエキスプレスもこのパスで利用できますので、この点もアドバンテージの1つと言えます。

HEX

またブリットレイル関連パスの場合は周遊するエリアに応じて、パスが何タイプが設定されています。スコットランドなども含むイギリス本島全体の旅行にはブリットレイルパス、湖水地方やマンチェスター、ヨークなど主要エリアのイングランド地方のみならブリットイングランドパス、またコッツウォルズなどイングランドやウェールズの南部あたりだけならブリットサウスウェストパス、ロンドンとその周辺のみならロンドンプラスパスと、利用するパスを選ぶことができるのです。

VT

なおこのキャンペーンは7月までの購入分が対象ですが、購入さえしておけば特に利用日の制限はありませんので、直近の夏の旅行にはもちろん、お決まりであれば秋などの旅行にも使うことが可能です。(最大発券日から11か月後まで利用可)また払戻なども通常通り可能ですので安心して利用できる(?)キャンペーンだと思います。

carisle

ぜひこれから夏のイギリス旅行に、このブリットレイル関連パスの+1dayキャンペーンを利用して、便利でお得にエンジョイしてください! ⇒パスのお求め等はこちら

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ユーレイルグローバルパスの「Save&Give」キャンペーン(5%off)が新スタート!/Globalpass Save&Give campaign

(ユーレイルパスについては当社ユーリンクよりお求め下さい。)

さて6月も下旬で、「梅雨真っ盛り」という感じですが、そんな今週からユーレイルグローバルパスの新しいキャンペーン「SAVE&GIVE」キャンペーンがスタートとなりました。
eurail new
ユーレイルグローバルパスはご存知のように、西はポルトガルやイギリス、東はポーランドやトルコ、北はスウェーデンやフィンランド、そして南はイタリアやギリシャなど、ほぼヨーロッパ全域で利用できるパスですが、今回のキャンペーンではこのグローバルパスの大人やシニア料金など全てのタイプが一律5%割引となります。また同時に「SAVE&GIVE」ということで、このキャンペーンを利用して購入すると、ユーレイルを通じていくつかのチャリティ団体に1パスあたり15ユーロが募金されるという内容になっています。

save&give

一律5%ということで、例えば一番ベーシックな3日フレキシーですと、現料金で1等大人が¥38700のところ¥36800に、またより長めの1等連続15日ですと通常¥78200が¥74300に、また一番長い1等3ヶ月になると¥159000が¥151100と、なかなかの割引になります。またさらに購入により15ユーロが募金されるということで、社会的にいいことをした感も味わえるわけで、今までと一味違った新しいタイプのキャンペーンと言えるでしょう。

FR1000 IN MIL

なお今回のキャンペーンは来月の16日までの購入分(発券分)に適用となります。この日を過ぎますとキャンペーンの利用はできなくなりますので、ご利用の場合にはそれまでにご購入ください。またこのキャンペーン利用の場合、料金が安くなっていることもあって、購入後の変更やキャンセル等は一切できませんのでその点も注意しておく必要があるでしょう。(なおパスは購入後約1年利用可能ですので、今年の夏だけでなく来年の旅行に使用することはできます)

MRS TGV INOUI

これからいよいよ夏の旅行シーズンを迎えます。この時期は長く旅行される方も多いですので、ぜひヨーロッパのご旅行に今回のグローバルパスのキャンペーンをうまくご利用ください。

erp 19

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

イギリス東海岸線で日本の新型車両「AZUMA」が先月より運行中/ New train AZUMA run in UK

(イギリスのブリットレイルパスなどについては当社ユーリンクHPよりお求め下さい)
いよいよ今日から6月に入りました。梅雨入りも間近で、そろそろジメジメしてくる時期になりますが、以前にもご案内したように、日本の新型車両の「AZUMA」が先月の15日からイギリスのメインルート、東海岸線のロンドン/リーズ間で運転を開始しています!

AZUMA
IMAGE:LNER

この「AZUMA」は名前のように、日本の日立製作所によって開発された新型車両で、既にロンドンから西方面のバースやブリストル間などでは運行をスタートしていましたが、今回いよいよロンドンとヨークやエジンバラなど結ぶ主要幹線の東海岸線ににもお目見えとなりました。なお名前の「AZUMA」は東海岸線を走るところから命名されており、もともとの鉄道発祥の国のイギリスで、日本の車両がこうしたネーミングで呼ばれることはなかなか日本人としてうれしい限りです。

GWR

この「AZUMA」は従来車両のIC225などよりも、静粛性や信頼性が格段に向上し、客席スペース等も拡大され、WIFIや車内設備も改良されるなど、快適な利用が可能となっています。当面はこのロンドン/リーズ間で運行が開始され、今年中に各区間に運行が拡大される予定です。さらには数年中にロンドン/エジンバラ間等でのスピードアップも予定されており、このあたりで「AZUMA」もその能力をフルに発揮というところでしょう。

UK AZUMA

今後こうした多くの日本車両の導入もあって、イギリス内での列車利用がさらに便利で快適になっていきそうです。ぜひこれからもイギリス内での移動の際には列車をご利用下さい。その際には乗り放題パスのブリットレイルパスやブリットイングランドパスもお勧めです。(詳細はこちら⇒ブリットレイルパス/イングランドパス)

britlogo sma

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで 

ユーロスター イギリスの入国手続がぐっと簡単になりました!/ Eurostar to UK

(ユーロスターについては当社ユーリンクHPよりお求め下さい)

イギリスと言えば入国手続の際に、入国カード(Landing card)の記入が必要だったり、係官にムダ(?)にいろいろ聞かれたりして、そのための手続待ちの行列が続くなど、旅行者には少々「悪名」高かったわけですが、その入国手続が先週5/20より日本人向けには一気に簡略化されました。今まで自国の他EU関連のパスポートを持っている人のみが利用可能だったパスポートの自動ゲート(e-gate)が日本やアメリカ、オーストラリア、シンガポール、スイスなどのパスポート所持者も利用できるようになったのです。そしてそれはヒースローなどの空港だけでなく、フランスやベルギーからのユーロスターの利用の際にも早速適用となりました。

ERS PAR

ユーロスターを利用してイギリスに入国する際は、やや変則的にパリやブリュッセルなどの乗車駅にて、イギリスの入国手続きが行われます。順序的にはまずユーロスターのチケットのチェックイン、そしてその次に荷物や衣服などのセキュリティチェックが行われ、その後にEU側の出国(出域)手続、そして最後にイギリス側の入国手続が行われます。その最後のイギリス側の入国手続が人によっては時間がかかり、そのためにユーロスターの乗客の列がそこで「渋滞」し、乗り場までなかなかたどり着けないという状況にありました。

ERS PAR2

それが今週からは従来の有人ゲートではなく自動ゲートが利用できるようになり、入国カード記入も不要になりました。これでユーロスターのロンドン方面行きの乗車の際の手間や労力はぐっと少なくてすむようになったと思います。(ただこれでイギリスの入国のスタンプは押されなくなるそうですので、その点はちょっとさびしい気はします)

ERS

今回のこの入国手続の簡略化は、今後のBREXIT(EU離脱)を控えて、今のうちに人の流れをスムーズにして、イギリスの経済やビジネスにダメージが出ないようにという意図かと思いますが、旅行者にとってはもちろん歓迎すべきことでしょう。これでイギリスへの旅行の時間的また心理的な負担が少なくなって、より旅行しやすくなったと思います。ぜひこれからユーロスターなどを利用してイギリスへ気楽にご旅行して欲しいと思います。

ERS LON

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

便利でお得なユーレイルパス、利用の際のご注意/ Eurailpasses : Steps to use

さて今年から各種ユーレイルパスについてはセレクトパスがなくなり、全体をカバーするグローバルパスと、一部の国や地域をカバーするナショナルパスとに整理されましたが、いちおうここで現地にてその各種ユーレイルパスを利用する際のプロセスを簡単にご案内しておきましょう。
eurail new
パスは購入した時点では特に何も記入されていないサラの状況ですが、そのままで列車に乗り込んだりすることはできません。まずは最初の一番大事なプロセスは「バリデーション」です。これは意味的には有効化するということで、駅の窓口での使用開始手続を指します。「バリデーション」の際は通常駅の窓口にて、今日から利用する(または明日から使う)など伝えて、駅員にパスの有効期間を記入してもらい、スタンプを押してもらうこととなります。これでパスは「有効化」されその有効期間の間利用可能となります。下のサンプル画像で、左側のFirst day,Last dayと右側のStampの箇所になりますが、この有効期間の日付等の記入はご自身でしてはいけないこととなっていますので、気をつけてください。

ERP sample

そして、フレキシータイプのパスの場合は次に必要なのがご自身での利用日の記入です。現在グローバルパスの連続タイプを除くほとんどのパスは日にちを選んでとびとびで利用できるフレキシータイプとなっていますが、その場合パスに利用日数分の日付を記入するマス目が印字されていますので(上のサンプル画像ですと7日になります)、ここに実際の利用日を最初の乗車前に利用者自身で記入する必要があります。記入するとそれで初めてそのパスはその日有効という意味になります。なおここで日にちを間違えて記入しますと原則それで1日分は利用してしまったことになりますので、記入の際は本当に気を付けて下さい。なお例えば4月20日の場合は先に20、次に4という順番で、ヨーロッパ式(日月)の順序で書くことになりますので、その点も気をつけましょう。なお利用日の記入は1日ずつで、先の利用日まで記入する必要などはありません。

erp 19

そしてさらにこれは数年前からですが、各種ユーレイルパス利用の場合は乗車ごとにその乗車区間をパスカバーの所定欄(トラベルダイアリー)に記入する必要があります。これも乗車前の記入が必要で、何日に何時の便で、どこからどこまで乗車するかを書くこととなります。乗車前は結構バタバタしていたりして、うっかり忘れがちですし、いろいろ書かないとなりませんので少々手間でもありますが、これもきっちり記入する必要があるのです。

diary
これらのことをしないで、列車に乗車し、検札などでそれが見つかりますと、不正乗車とみなされて最大で200ユーロの罰金が課される可能性があります。200ユーロというと相当な金額になりますので、乗車前によく注意してください。また同時に多くの他の乗客の前で、不正乗車として扱われるのも多分に気分のいいものではないですので、乗車の際のルールとして心に刻んでおくといいでしょう。

pol

なおフランスのTGVやイタリアのフレッチャロッサ、スペインのAVE、夜行列車の寝台などを利用の際には、こうしたユーレイルパスの他に座席予約、寝台予約が必要となりますので、検札の際はパスと予約券を合わせて提示することとなります。

new-tgv

一方、フレキシータイプのパスで、一部の観光船やバスなどを対象とした割引特典を利用する場合には、特にパスに日付などを記入する必要はありません。有効期間内であれば利用可能です。
KD

では上の利用に関してのステップを踏まえた上で、ぜひこのユーレイルパスでヨーロッパ旅行を存分に楽しんで欲しいと思います。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ロンドン⇒アムステルダムのユーロスターが6月から3便体制に/ Three Eurostar trains to Amsterdam

ユーロスターは昨年4月に、ロンドンからオランダのアムステルダムまでの運行を開始しましたが、さらにこの6月のスケジュール改正(6/10)より現在の2便から1日3便に増便されることとなりました。この区間はビジネスマンを中心に人気が高く早速の増便となります。

ERS LON

この区間のユーロスターは、途中でブリュッセルとオランダのロッテルダムに停車してアムステルダムに向かいます。現在は平日であれば概ね朝と夕方の1便ずつの運転ですが、これに11:04がに新たに増便されて3便体制となります。下にその新しいスケジュールを貼りましたが、朝7時台と夕方はビジネス利用に便利ですし、新しい11:04は一般の旅行者向けにも利用しやすい時間帯とですので、現在よりもさらに幅広い客層から人気が出そうです。なおイギリスとオランダなど大陸のヨーロッパ諸国は時差が1時間ありますので、実際の乗車時間はいずれも約4時間で、飛行機移動と比べても利便性で問題ないと言えるでしょう。

ers tt (image : eurostar.com)

なおユーロスターは独自のチェックインシステムをとっていて、どの駅から乗る場合でも(季節限定等の停車駅除く)、乗車時にチケットのチェックや荷物のチェック、そして出入国の手続などを全て済ませるシステムになっています。ですので、乗車時は通常の列車よりやや早めに駅に着く必要はありますが、そこで手続関連は全て終わりますので、乗車後の検札や到着駅での各種手続等はありません。その点でかなり乗り物として便利と言えます。

LON SP

ただその一方、乗車駅にそうした設備やスタッフなどが必要となる関係で、今回のユーロスターもロンドンからアムステルダムは運行されますが、この逆のアムステルダムからロンドンへは運行がありません。この点は少々注意してください。アムステルダム(とロッテルダム)にはまだそうした施設等がないので、オランダ側からお客さんを乗せることができないのです。当面アムステルダムなどからロンドンへユーロスターを利用する場合には以前と同様ブリュッセルでの乗換となります。なおこのユーロスター用のチェックイン施設については設置が進められており、早ければ今年の年末頃にオランダ側からの運行もスタートするかもしれません。

AMS

ぜひイギリスからオランダへの移動に関してはこの6月以降さらに便利になるユーロスターをご利用ください。遠い空港への移動や厳しいセキュリティチェックなどを避けられる点は飛行機移動と比べて大きなアドバンテージと言えます。さらに今後はアムステルダム発の便の運転開始にも期待しましょう。

AMS2

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

各種ユーレイルパス、春の10%割引キャンペーンがスタート!4/9の発券分まで!! / Eurailpasses

3月に入って少しずつ暖かくなってきましたが、今週からまた新しく各種ユーレイルパスの春のキャンペーンがスタートとなりました。今回のキャンペーンは来月9日までの1ケ月の間の購入分について、ユーレイルグローバルパスと多くの国別パスが一律で10%割引料金でお求めになれるというものです。
eurail new
このキャンペーンではグローバルパス全てと、北欧を除くほとんどの各国の国別のパスの全てが対象となります。ですので、グローバルパスやフランス、イタリア、オーストリアなどほとんどの人気国のパスは割引になると思っていいでしょう。一応対象外となるのはスカンジナビアパス、スウェーデンパス、ノルウェーパス、フィンランドパスのみですので、なかなか間口の広いキャンペーンと言えます。

ZRH AP

また各パスにはユースやシニアの割引料金の設定がありますが、そうした割引料金についてもこのキャンペーンの対象となります。ダブルで安くなりますので、なかなかのおトク感があると思います。具体的には、例えば売れ筋のグローバルパス連続大人15日ですと通常¥80600のところがキャンペーンで¥72600、フランスパスの2等3日¥20200が¥18200など、より魅力的な料金となります。

EC DRS

ただ例によってキャンペーン料金のため、購入後は変更やキャンセル、払戻しなどは一切できません。その点は注意が必要です。いずれにしても確実に旅行をすることが決まってからお求めになった方がいいでしょう。

ZAG

なお今回の割引キャンペーンについては、特に購入後の利用期間の制限はありませんので、購入からおおよそ11か月後まで利用が可能です。既に確実にお決まりであればゴールデンウィークやさらには夏の旅行にもおすすめできます。

GOA

これからヨーロッパも春を迎え、旅行シーズンへと入ってきます。ぜひこれからの春休みやさらに連休時期のご旅行にこのおトクなキャンペーンをご下さい!

EURAILPASS COVER

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで