スペイン AVEのLCC版AVLOがマドリッド⇔バレンシアでも運行開始/ AVLO began to run to Valencia

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

オミクロン株の流行がちょっと収まってきたかと思えば、今度はロシア/ウクライナで戦争勃発となってしまいましたが、そんな中スペインでは昨年に運転を開始した格安高速列車のAVLOが2/21からマドリッド/バレンシア間での運行を開始しました。

avlorenfe
image: avlorenfe.com

AVLOはその名からも分かるように、スペイン国鉄RENFEの高速列車AVEのLOWCOST版で、いわゆるLCCの位置づけになる列車(ブランド)です。昨年6月にスペイン1番のメインルートのマドリッド/バルセロナ線で運行をスタートさせ、今度はバレンシアにその運行ネットワークを拡大しました。この区間では当面マドリッド発とバレンシア発それぞれ3便が運行され、両都市間を1時間40分~50分程で結びます。格安だからといって特にスピードに違いがあるわけではなく、通常のAVEと同様の所要時間となります。

avloinside
image: avlorenfe.com

一方で格安版ということで、サービスなどについてはやはりそれなりに割り切られていて、利用できる座席は2等のみとなり、それも通常のAVEよりはややピッチを詰めた配列となっています。また1等席などは連結されませんし、持込み荷物は制限(2個まで)され、それ以上の場合は追加料金が必要となります。車内での飲食についてはドリンクやスナック類の自動販売機はあるものの、バー車両などは付いていません。ただ車内のWIFIやPLAYRENFEというエンターテイメントサービスは利用可能で、その点では必要十分といえるかもしれません。

ですので実際に利用する際には、やはりとにかく料金重視ということでしたらAVLOがお勧めですし、それなりのゆったり感などバランスを取って旅行したい方は従来からの通常のAVEという感じで使い分けるのがいいように思います。(もちろん1等希望の場合にはAVE一択ですね)

BCN AVE

ヨーロッパ内では、フランスのTGV車両を使ったOUIGOや、タリスと同区間を走るIZYなど、こうしたLCCタイプの列車が増えてきています。スペインのマドリッド/バルセロナ間にもTGVとOUIGOが殴り込みをかけていますが、このAVLOが誕生したのもOUIGOに触発された面がかなりあるでしょう。今後もスペイン内ではさまざまの列車や鉄道会社の間で料金面やサービス面での熱いバトルが続きそうです。

OUIGO paris

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

2021年もありがとうございました!/ 2022 will com soon!

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

2021年ももう残り1週間ほどとなりました。今年も当社を利用いただいた方や当ブログをご覧頂いた方々にはありがとうございました。少々早めではありますが当社の2021年の営業は本日までとなります。今年は昨年に続き、旅行業にとって厳しい年となりました。コロナの流行は収まったりまた急に流行したりとなかなか先が読めませんが、来年前半にはある程度海外旅行も復活することを期待して今後に望みたいと思います。

なお今のところ来年からの新商品や商品の変更などの情報は余り入ってきていないのですが、人気のスイストラベルパス(フレックスも同様)に1月から新しく6日料金が設定されるようですので、今後料金も含め確認できましたらご案内するように致します。

なお新年の当社の営業は連休明けの11日からになります。2022年もぜひ当社ユーリンクと当ブログをよろしくお願いいたします。よいお年をお迎え下さい!

???????????????????????????????

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スペイン マドリッドとサンティアゴ・デ・コンポステラ方面(ガリシア地方)との高速新線が12/21に開業 / New high speed line in Spain

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

まもなく12月となりますが、日本ではコロナ感染者は激減しているものの、残念ながらヨーロッパでは再流行の傾向が見えてきつつあります。日本からのヨーロッパ旅行の再開はまた遠のきそうですが、そんな中、来月21日よりスペインの首都マドリッドと北西部のガリシア地方を結ぶ高速新線が開業し、AVEやアルビアなどの高速列車が運行を開始することとなりました。巡礼でも人気のサンティアゴ・デ・コンポステラなどが位置するのがガリシア地方です。

renfe
image: renfe.com

今回新しく開通する区間は下のマップでサモラ(Zamora)の先のペドラルバ(Pedralba de la Pradería)からオーレンセ(Ourense)までの長さ110キロ少々で、これによりマドリッドとサンティアゴ・デ・コンポステラの間がついに高速新線でつながることとなります。サンティアゴまでの所要時間は現在は4時間40分ほどですが、これが12/21より一気に短縮され、直通のアルビアで3時間20分前後、オーレンセ乗り継ぎのAVEで最短約3時間で結ばれることとなります。また同様にマドリッドとコルーニャ、ヴィーゴといった主要都市との間も1時間~1時間半程度大きく短縮され、途中のオーレンセまでは2時間15分程度、コルーニャは4時間程度、ヴィーゴは4時間20分程度となります。マドリッドからガリシア地方は正直今までは列車では少々遠いイメージがありましたが、今回の新線開業によりぐっとこれが近づき、一気に便利になるわけです。

GALICIA
image: eurail map

また今回の12月のダイヤ改正は言わば第1弾で、来年夏からはさらに第2弾として、この区間に最高速度330KPHの新型車両(talgo106 Avril)も投入され、所要時間は全般的にさらに20分程度短縮される予定となっています。増便も進められ、さらに便利なスケジュールになる予定です。

ave

なおAVEやアルビアなどのスペインの高速列車(長距離列車)の座席クラスは、名称などが今年から変更され、現在は1等にあたるPrémium、中間クラスのElige、2等にあたるBásicoの3クラスのサービスとなっています。Eligeは列車によって客席タイプも変わってきますので、利用の際は確認するのがいいかもしれません。

AVE TOURISTA

ヨーロッパが以前のように旅行できるようになるのは来年以降になりそうですが、今後また渡航再開となりましたら、さらに便利になるスペインのAVEなどを利用してスペインの列車旅を楽しんで頂きたいと思います

AVE

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ヨーロッパの各種レイルパスがほぼEチケット対応となりました!/ European railpasses now ‘E-ticketable’

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

3月に入って陽射しも日に日に暖かくなってきました。一進一退はあるものの日本でもヨーロッパを含む海外でも徐々にコロナの状況も改善を見せてきていて、春以降の海外旅行への期待も高まりつつありますが、そんな間に各種ユーレイルパスなどヨーロッパのレイルパスはほぼEチケットでの利用が可能となっています。
eurail new
今までユーロスターやTGVなど区間チケットに関しては列車や国ごとに、従来の紙チケットからEチケット化が進展してきていましたが、レイルパスに関しては区間を自由に使えることや車内等でのチェックなどの点から余りEチケット対応が進んできませんでした。それが昨年くらいからスイストラベルパスやイギリスの各種ブリットレイルパスを初めとして各パスのEチケット化が進み、現在ではグローバルパスや国別パスなどの各種ユーレイルパスを含め、ほぼ全てのレイルパスがEチケットでの利用ができるようになりました。

britlogo sma

パスのフォーマットについては、単純にPDF化されたEチケットタイプのものもありますし、モバイルパスといった名称でアプリ上で表示させるものなど、パスの種類によって異なっています。また有効日が固定される連続タイプのパスは余り問題ありませんが、一定期間中に利用日を選んで利用するフレキシータイプのパスは日にちの選択には注意です。

brp-m
image: britrail.net

こうしたEチケット化により、パスを旅行中になくした、または持ってくるのを忘れたといったこともなくなりますので、その点も利用者には便利と言えるでしょう。一方で旅行中にスマートフォン(またはタブレット等)をなくしてしまったり、またはバッテリー切れや電波が届かなくなるといった事態なども当然あり得ますので、紙でも印刷しておくなどその時の対処法もパスの種類に応じてよく確認しておくことも安心につながるでしょう。

egp-m
image: eurail.com

もちろん従来からの紙タイプのレイルパスも合わせて販売が続けられますし、一部のパスや料金タイプによっては紙タイプのフォーマットのみの場合もあります。いずれにしても利用の際は希望に合わせて選んでいただくのがいいでしょう。ぜひこのコロナ明けのヨーロッパ旅行にはレイルパスで列車を使って旅行を楽しんで欲しいと思います。

Polish EC

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スペインAVEのLCC版「AVLO」が6/23から運行スタート!/ Avlo low cost high speed train

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

ちょっと暖かくなってきたこともあるのでしょうが、日本でもヨーロッパでもコロナの状況がぐっと改善を見せてきて、今後の海外旅行への期待も高まりつつあります。ヨーロッパでも観光立国のスペインでは、前回もお伝えしたようにメインルートのマドリッドとバルセロナ間で、5/10からのフランスのOUIGOに続き、6/23にスペイン国鉄RENFEによる高速列車AVEのLCC版のAVLOも運行開始予定となっています。

avlo
image:avlorenfe.com

このAVLOのネーミングはもちろんAVEのLowcost版というところから来ているわけですが、車両も上の画像のようにAVE用のS-112に専用カラーリングを施したものが使用されます。(今後S-106も加わる予定) 料金重視のためクラスは2等のみとなり、その座席ももともとのAVEよりピッチを詰めて席数が20%ほど増やされています。車内サービスについてもシンプルになり、WIFI関連は利用可能ですが、AVEに付いている音楽や映画のサービスや飲食用のバーカウンターなどはなしになります。またエアラインのLCCと同様に大きな荷物の持ち込みや予約時のシート選択などは有料となります。(なおもちろん全席予約制で、今のところ専用サイトからのみ予約が可能となっています)

avlo2
image:avlorenfe.com

また運行については上にスケジュールを貼りましたように、当面片道当り1日4便程度の運行で、マドリッド/バルセロナ間をAVEなどと同様に約2時間半~3時間程度で結びます。また一部の便はフィゲラスまで運転されます。

Figue

この区間は日本で言えば東京と大阪間にあたるような一番の主要路線で、ビジネス客も観光客も多く利用するルートです。今後地元スペイン勢のAVE/AVLOと、フランスから殴り込みをかけるTGV/OUIGOとの間で熱いバトルが繰り広げられそうです。

bcn3

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スペインのマドリッド⇔バルセロナ間にフランスのLCC版高速列車のOUIGOが5月に運行開始/ OUIGO in Spain

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

年末から大騒ぎとなっていたコロナもそろそろ落ち着きも見せてきて、海外旅行への期待も少しずつ高まってきました。そんな中、スペインで一番のメインルートのマドリッドとバルセロナ間で、5/10からフランス国鉄(SNCF)による格安高速列車のOUIGOが運行を開始することとなりました。OUIGOは今までTGVの格安版としてフランス内の各路線で徐々に運行を拡大させて、多くの主要路線で運転されるようになっています。そしてもともとの予定より遅くなったものの、いよいよ5月からはスペイン内での運行開始となります。

ouigoes
image:www.ouigo.com/es

フランスの列車が何でスペインで?と意外に思われる方も多いかと思いますが、地続きのヨーロッパではそれぞれの国内の鉄道路線についても他国の列車を参入可能とするオープンアクセス化が進められており、それで今回OUIGOもスペイン内のみでの運行が認められることとなりました。またこの区間ではマルセイユやモンペリエとの間で既にTGVが運行しており、経験や実績があったからということもあるでしょう。

OUIGO paris

このOUIGOは、TGVの2階建て車両を使用し、もちろん全席予約制で、LCC版らしく全車両が2等席(有料で広めの席あり)となっています。またこの区間については、当面片道当り1日5便程度の運行で、約2時間半~3時間程度で運行します。なおOUIGOの特徴として、予約は事前のインターネットのみでの受付となり、駅の窓口等では購入できないこととなっています。(このため今のところ日本からの予約も不可となっています) 

BCN

この区間はスペイン1の主要路線ということで、現時点でもAVEが数多く運行されており、さらに今後6/23からRENFEによるLCC版AVEのAVLOも運行開始予定となっています。この区間は利用客も多いだけに、もともとのスペインのAVE/AVLOと、新規参入のフランスのTGV/OUIGOとの間で激しい競争が始まりそうです。

BCN AVE

次回はまたもう一方の格安高速列車AVLOについて簡単にご案内したいと思います。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

新年おめでとうございます/ Happy new year 2021

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

当社では先週の8日より本年2021年の営業を開始いたしました。直近で日本では緊急事態宣言が出され、ヨーロッパでも感染が収まらないなど、引き続き今後の展望ができない状況ではありますが、ワクチンの投与なども始まっていますので、早めのヨーロッパ旅行の再開に期待していきたいと思います。なおこうした状況でもありますので、当面来月中までこのブログも隔週での更新にしますのでご了承ください。

ぜひ今年も当ブログをご覧になって、ヨーロッパの列車旅に関心を持ち続けていただければと思います。

bernina

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

今年もありがとうございました – 2021年もよろしくお願いいたします!/ Look forward to see in 2021

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

当社の2020年の営業は本日までとなります。今年はとりわけ旅行業にとって過去にない厳しい年となりました。今後のコロナ感染と旅行産業の状況についてはまだ全く展望が見えませんが、当社も希望をもって来年に望みたいと思います。今年も当ブログをご覧頂いた方々にはありがとうございました。来年もぜひ当社ユーリンクと当ブログをよろしくお願いいたします。(なお新年の当社の営業は8日からになります)
よいお年をお迎え下さい!

OSL

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スペインAVE S-103/ high speed in Spain

(ヨーロッパの列車チケットについては当社HPよりお求め下さい)

ここのところ日本もヨーロッパも徐々にウイルス問題は明るい方向に進んできていて、今後の海外旅行にも少し希望が見えてきた感じですが、今回取り上げるのはスペインの高速列車AVEです。AVEには、最初に導入されたTGVベースのS―100、自国のタルゴ社製のS―102といったいくつかの車両が採用されていますが、その中で現在主力車種となってきているのがこのS―103です。

BCN AVE

シルエットでもよく分かるようにこのS―103はドイツのICE3がベースとなっており、最高運転速度は300KMHに達します。車内は通常の1等(プレフェレンテ)と通常の2等(ツーリスタ)に加えて、中間クラスで席自体は1等のツーリスタプラスの3クラスに分けられており、スペイン一番のメインルートのマドリッド/バルセロナ線などを中心に運用されています。

AVE TOURISTA

車内のインテリアはICEと比べると大幅に変更されており、ヨーロッパの車両としては画期的に座席が一部のボックス席を除いて進行方向を向くようになっています。また1等(プレフェレンテ)には利用日や時間帯などにもよりますがおおむね食事のサービスもついています。

AVE MEAL

スペインはレールの幅が他のヨーロッパ諸国と異なっていたため、高速列車の運行スタートはフランスなどに比べやや遅めになりましたが、1990年代以来ヨーロッパ標準のレール幅の高速新線が各地に建設され、こうしたAVEなどが運行するようになり、今ではまさに一大高速列車大国となっています。今後はさらにこうした高速新線ネットワークが国内にくまなく張り巡らされ、フランスなどとの連絡も強化される予定です。このスペインAVEの利用は今後より便利になっていくでしょう。

AVE

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

【ユーリンク ニュース APR2020-1/ 引き続きヨーロッパ各国の列車運行状況など EurLink】

ユーリンクではヨーロッパの列車などの情報を毎週ユーリンクニュースとしてご案内して...
Read more »