ノルウェーナットシェル まもなくハイシーズンの利用期間に/ Norway Nutshell in 2020

(ノルウェーナットシェルについては当社ユーリンクHPよりお求め下さい)
現在のところ残念ながら新型コロナウィルス感染拡大の影響によりヨーロッパへの旅行はほぼストップの状態で、今後いつ位に収束するかはまだ見通しが立っていませんが、今後サマーシーズンにスイスと並んでぐっと旅行の方が増えるのがこのノルウェーです。特に初夏などには北欧の白夜の時期ということもあってお客様も集中します。そして5/1からこのフィヨルド周遊ルート(周遊チケット)のノルウェーナットシェルもハイシーズンの利用期間に入ります。

fjordtoursimage: fjordtours

このノルウェーナットシェルは、オスロやベルゲンから人気のソグネフィヨルドを観光するため、列車移動と山岳鉄道(フロム鉄道)、フィヨルド観光船、バスなどをセットにした周遊ルート(チケット)となっています、観光の中心となるのはミルダールとフロム間の山岳鉄道のフロム鉄道と、フロムとグドバンゲン間のフィヨルド観光船のクルーズで、これにオスロやベルゲンからの列車移動などを組み込んだルートと言えます。このルートは冬も含め通年利用可能なのですが、ハイシーズンの5月からはそれぞれ増便され、周遊がぐっと便利になるのです。
osl

ただ今年に関してはそのウイルスの問題とは別に、4/15~6/26の期間に関してはオスロとミルダールとの間で工事が行われ、オスロを午前中に出発する場合は途中までの区間がバス代行運転となりますので、利用される方は注意した方がいいでしょう。

vyno

簡単にこの周遊ルートを紹介しておきますと、オスロ⇒ベルゲンの場合は、まずベルゲン特急とも言われる特急列車で、ノルウェー国鉄最高地点(1222M)を越えてミルダールへ移動し、ここで山岳鉄道のフロム鉄道に乗り換えます。

P1010633

ここからフロムへの1時間程度がこの観光ルートのハイライトの1つで、車窓からは断崖から流れ落ちる滝などの絶景が満喫できます。途中景観スポットで撮影タイムもあります。

FALLS

そしてフロムからは桟橋で待つ観光船に乗ってフィヨルドクルーズとなります。パッと見の雰囲気は山の中の湖といったイメージですが、船の大きさがここが海であることを感じさせます。観光船のデッキからは入江と見上げる山々のコントラストも印象的です。また数年前からは、従来からの観光船(クラシック)に加えて新型船(プレミアム)も就航して、より魅力がアップしています。

CRUISE

そしてグドバンゲンに到着後は峠越えのバスに乗換えてボスへ向かいます。そしてボスからは再び列車に乗り換えて、程なく港町ベルゲンに到着となります。

P1010885

なおルートとしてはオスロを早朝に出発してその日の夜にベルゲンに到着するパターンでの利用が一番人気ですが、1日の移動時間が長くなりすぎるということもありますので、より短い時間で周遊できるベルゲンからの往復もおすすめです。また途中のフロムなどで宿泊してゆっくり観光すると、美しいフィヨルドの魅力をさらに楽しめると思います。またノルウェーで有効なユーレイルパスをお持ちの方には割引料金もありますので、スウェーデンやデンマークなど北欧の列車旅行と合わせての周遊もおすすめです。

bus

今年はなかなか先の見通しが利かない感じですが、ウィルスの影響が収まったら、ぜひ北欧ノルウェーの旅行を楽しんでほしいと思います。ノルウェーナットシェルの詳細については当社HPも参照下さい

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>