ノルウェー国鉄(旧NSB)は今年から「Vy」になりました/ Norway NSB became Vy

(ノルウェーの列車チケットについては当社ユーリンクよりお求め下さい。ナットシェルはこちらから)

ノルウェーナットシェルなど北欧ノルウェー内には多くの人気の観光ルートがありますが、そいのノルウェー内の各路線を運行し長年NSBとして親しまれていたノルウェーの国鉄が今シーズンから、その名称を「Vy(ヴィー)」に全面的に変更しました。実際に社名やブランド名が変更されたのは4月末で、それから徐々に切り替えが進んできたというところです。

vyno image : vy.no

この新名称のVy(ヴィー)はちょっと耳慣れない感じの名前で、ノルウェーの現地の人にもまだ戸惑いがあるようですが、言葉として「Vy」はノルウェー語で展望やビジョンなどを意味するとのことです。今回の名称変更はノルウェーの大手バス会社NETBUSS社との合併にも伴うもので、今後の会社の発展をイメージしたネーミングなのでしょう。

vy bgo

運行車両も、もともとNSB時代は下の画像のように真っ赤なレッドがトレードカラーでしたが、Vyでは新しくグリーンのカラーリングにが採用され、徐々に車両更新が進められているとのことです。ヨーロッパでも意識が高まっているエコロジーもイメージさせるやさしい色合いでなかなか新鮮で魅力的です。

P1010988

なお来年からはノルウェー内の列車運行に関しては、ヨーロッパ全域で進められているオープンアクセス化に伴い、区間によってはお隣のスウェーデンの鉄道会社による新規参入などが開始される予定となっています。逆にノルウェー側がスウェーデン内の運行に参入する路線もあるそうで、今後このVyはノルウェーの列車会社という位置づけではなく、スウェーデンも合わせたスカンジナビア半島で、バスなども含めた総合的な交通運行会社を目指しているようです。ぜひ今後、ノルウェーやスカンジナビア全体で、列車利用がより便利で快適になることに期待しましょう。

voss

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

【ユーリンク ニュース OCT2019-1/ EurLink news 】

ユーリンクではヨーロッパの列車などの情報を毎週ユーリンクニュースとしてご案内しております!
——————————————–
ユーリンク ヨーロッパ ニュース OCT2019-1
——————————————–
■ジャーマンレイルパス3日と4日の10%割引キャンペーンがスタート
今月よりドイツのジャーマンレイルパスの3日料金と4日料金の割引キャンペーンがスタートとなりました。今回のキャンペーンはフレキシータイプと連続タイプを含む全ての3日と4日料金が一律10%引になるという内容で、キャンペーン期間は12/14
までの販売分(発券分)となります。なお利用可能期間は1月末までとなりますので、今後の秋からクリスマスシーズン頃までのドイツ旅行にぜひご利用ください。またキャンペーン商品のため購入後の変更取消等は不可となりますのでご注意下さい。ジャーマンレイルパスの現在の料金等については下の当社HPよりご覧下さい。
http://eurlink.jp/passlist.html 
http://eurlink.jp/passmap.pdf#page=5  
 
■ノルウェー国鉄(旧NSB)が今シーズンより「Vy」に改称されました
ノルウェー内の各路線を運行するノルウェー国鉄(旧NSB)は今シーズンより、会社名(ブランド名)が「Vy(ヴィー)」に全面的に改称されました。これはノルウェー内のバス会社との合併などにも伴うもので、今後は車両なども、新しいイメージカラーのグリーンのカラーリングに随時更新されていくことになっています。なお来年からはノルウェー内での列車運行に関しては、路線のオープンアクセス化に伴い、区間によってはスウェーデンなどの鉄道会社による新規参入が開始される予定となっています。Vyの情報については下のHPもご参照下さい。
https://www.vy.no/en 

■ルクセンブルク/ブリュッセル間工事情報 11/1~3、11/9~10など
ベルギーのブリュッセルとルクセンブルクを結ぶIC等の列車は、国境付近などでの工事のため、11/1~3、11/9~10、12/14~15には、ルクセンブルク側の一部区間でバス代行運転となるなど特別スケジュールの運行となります。通常より所要時間も
長くなりますのでこの時期のルクセンブルクへの列車移動に際してはご注意下さい。詳細情報は下のベルギー国鉄のHPもご参照下さい。(フランス語)
http://www.belgianrail.be/jp/download/brail_him/1569932679350_FR-10033.pdf 

★ヨーロッパ各種レイル関連商品のお問合せやご依頼はユーリンクまでどうぞ!
TEL 03-6434-0468 FAX 03-6434-0469 メール info@eurlink.jp
HP http://eurlink.jp ウェブショップ http://eurlink.cart.fc2.com

ICE MUC

2020年夏からミラノとパリ間でフレッチャロッサが新規参入開始へ/ Frecciarossa 1000 for Milan-Paris

(FロッサやTGVについては当社ユーリンクよりお求め下さい。)

10月に入ってもう今年2019年も残り3ヶ月となりましたが、その来年2020年夏からミラノとパリ間でイタリアの高速列車のフレッチャロッサが直通運転を開始する見通しとのことです。そのフランス内でのテスト運行も先月よりスタートとなりました。

FR1000

上の画像がこのミラノ/パリ間を運行する予定となっている、トレンイタリア(イタリア国鉄に相当)の最新型の高速車両フレッチャロッサ1000(ETR1000またはETR400)になります。さすがイタリアといった感じのカラーリングとダイナミックなエクステリアデザインが印象的で、性能的にも最高で時速360KMまでの運行が可能な最新車両となっています。もちろん車内の快適性にもぬかりはありません。ちなみにこのFR1000の生産には日本の日立も大きく関わっています。

FR1000 INSIDE

現在このミラノ/パリ間の昼間の直通便としては現在フランス側のTGVが所要時間7時間ほどで1日あたり3便運行しているのですが、ここに来年6月予定でイタリア側のFロッサが新規参入をかけることとなります。この区間の運行は、トレンイタリア系のThello社(イタリアとフランス間の他の区間や夜行列車も運行)が担当し、当面1日あたり2便ずつの運行が予定されています。ルート的にはTGVと同様に、途中イタリアのトリノやフランスのリヨンを経由しての運行となり、所要時間はTGVよりは短い6時間45分程度の見通しとのことです。

tgv trn

今のところミラノ/パリ間については、所要時間も7時間少々と長く、便数も少なめなこともあって、旅行者に大人気の都市同士のわりには列車を利用する方は多くないのですが、イタリア側の参入により競争が活性化されて、この区間での列車利用もよりポピュラーになっていきそうです。(この区間の直通はこれにより片道あたりTGVが3便、Fロッサが2便、夜行が1便の計6便となります) もちろんミラノ/パリだけでなく、パリとトリノやリヨンからミラノなど途中区間での利用もさらに便利になります。

PAR LYON

近年のヨーロッパの鉄道は「オープンアクセス」化が促進され、他の国の鉄道会社が別の国に乗り入れてくるケースも多くなりました。ぜひ来年夏からのこのFロッサのパリへの「殴りこみ」にも期待したいところです。

FR1000

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

【ユーリンク ニュース SEP2019-5 / EurLink news 】

ユーリンクではヨーロッパの列車などの情報を毎週ユーリンクニュースとしてご案内しております!
———————————————-
ユーリンク ヨーロッパ ニュース SEP2019-5
———————————————-
■スイス 12月にジュネーブ市内新線開通-「レマンエキスプレス」運行開始
今年12月より新しくジュネーブの中央駅(コルナバン)と市街南部のオーヴィーブ駅(EAUX-VIVES)等を結ぶ新線が開通し、これに合わせてスイスとフランスにまたがるジュネーブ都市圏の近郊列車として「レマンエキスプレス」の運行が開始されます。市内北部のコルナバンとレマン湖南岸のフランス国境のアンヌマスとの間などの6ルートでこのレマンエキスプレスが運転され、ジュネーブを中心としたエリアでの列車利用がとても便利になります。今後のスイス旅行にご利用下さい。詳細情報に関しては下の各HPもご参照ください。(フランス語)
https://www.lemanexpress.ch/fr/ 

■イタリア 高速列車Fアルジェントが9/29よりミラノ/リミニ/バーリ間で増便
イタリアの高速列車のフレッチャアルジェントがミラノ/リミニ/バーリ間で今週9/29より増便されています。この区間のFアルジェントには以前オランダで運行された車両を改造したETR700(FA700)が使用され、従来のFビアンカよりもさらに快適な利用が可能となっています。なお今後このミラノ/リミニ/バーリの路線ではETR700によるFアルジェントがさらに増便される予定となっています。今回の増便に関する情報は下記のトレンイタリアのHPもご参照下さい。(イタリア語)
http://www.fsnews.it/fsn/Gruppo-FS-Italiane/Trenitalia/Presentato-a-Bari-Centrale-il-nuovo-Frecciargento-700 

★ヨーロッパ各種レイル関連商品のお問合せやご依頼はユーリンクまでどうぞ!
TEL 03-6434-0468 FAX 03-6434-0469 メール info@eurlink.jp
HP http://eurlink.jp ウェブショップ http://eurlink.cart.fc2.com

GVA

ジャーマンレイルパス(3日+4日)の割引キャンペーンが来月スタート予定/ German railpass campaign

(ジャーマンレイルパスは当社ユーリンクよりお求め下さい。)

まもなく10月ということで日々秋めいてきていますが、来月からまたジャーマンレイルパスのキャンペーンがスタートする予定となっています。

db-bahn

ジャーマンレイルパスのキャンペーンは年に何回か実施されるのですが、今回のキャンペーンは短めの3日と4日のパスが対象となります。具体的には、10月から12月14日までの購入分(発券分)に関して、全タイプの3日と4日の料金が通常より10%割引になるという内容になります。

ICE MUC

ジャーマンレイルパスには連続タイプとフレキシータイプがありますが、もちろん両方の料金ともに割引の対象となります。また一般の大人料金だけではなく、2人同行用のツイン料金や27歳までのユース料金といった割引料金にも適用となり、さらに10%安くなりますので、なかなか「使える」キャンペーンと言えるでしょう。例えば一番ベーシックな2等3日連続タイプの通常の大人料金は¥24600ですが、このキャンペーンを利用すると¥22200となり、さらに2人同行の場合はツインのキャンペーン料金で1人あたり¥17000となり、ダブルで得となるわけです。

ICE3

ドイツと言えば看板列車は高速列車のICEですが、ドイツではこうしたICEやICなどのネットワークが発達していて国内での列車移動がとても便利ですし、またICEが全席予約制ではなくパスのみで自由席として利用できることもあって、レイルパスがとても使いやすい国と言えます。またドイツは、イギリスのロンドンやフランスのパリのような一極集中がなく、フランクフルト、ミュンヘン、ケルン、ベルリンなど主要都市が各地に分散し、都市間を移動する機会が多いこともあって、このジャーマンレイルパスは多くの国別のパスの中でもトップを争う人気のレイルパスとなっています。

IMG_9610

またさらにドイツ内の列車に限らず、ジャーマンレイルパスは、ベルギーのブリュッセルとの間のICEやイタリアのベネチアなどとの間のEC、さらにポーランドやチェコとの間のICバスにも利用が可能となっています。また人気のロマンティック街道バスの割引(20%)などの特典もあり、ドイツ内外の旅行に幅広く利用できる商品と言えるでしょう。

FRA HB

なお今回のキャンペーンは、書きましたように12/14までの発券分が対象ですが、パス自体は購入後1月末までが利用可能期間となりますので、早めに購入してクリスマスシーズンや年末年始の旅行に利用することも可能です。ただキャンペーン商品のため一度お求めになった後の変更や払戻などはできませんので、確実に旅行が決まってからのお求めが安全でしょう。

IMG_9656

これからの秋のドイツもまだまだ観光も楽しめますし、冬になれば美しいクリスマスマーケットもオープンします。ぜひこれからの秋冬のドイツ旅行にこのジャーマンレイルパスのキャンペーンをご利用下さい。

Ham ch

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

【ユーリンク ニュース SEP2019-4 / ユーレイル情報など-EurLink news 】

ユーリンクではヨーロッパの列車などの情報を毎週ユーリンクニュースとしてご案内しております!
———————————————-
ユーリンク ヨーロッパ ニュース SEP2019-4
———————————————-
■ユーレイルグローバルパス 秋の10%割引キャンペーンスタート
先週より、全ヨーロッパをカバーする人気のユーレイルグローバルパスについての、新しい割引キャンペーンがスタートとなりました。今回のキャンペーンは来月10日までの購入分について、料金が通常より10%割引になるというもので、利用期間は12/15までとなります。ぜひこれからの秋や初冬のヨーロッパ周遊にご利用ください。なおキャンペーン商品のため購入後の変更や取消等は全て不可となりますのでご留意下さい。グローバルパスの各料金等については下の当社HPもご参照下さい。(記載料金の10%引となります)
http://eurlink.jp/passmap.pdf#page=2 

■イタリア 高速列車フレッチャアルジェント 南イタリアに路線拡大
イタリアの高速列車フレッチャアルジェントが、今月より新しく南部の都市シバリ(SIBARI)への運行を開始しました。この区間のフレッチャアルジェントはシバリとナポリやローマそしてフィレンツェやボローニャなどを経由して、北部のボルツァーノとの間を1日1便ずつ運行し、ローマ/シバリ間をおよそ4時間半で結びます。シチリア方面やタラント周辺などと合わせた南イタリアの周遊にぜひご案内下さい。詳細情報は下記のトレンイタリアのHPもご参照下さい。(イタリア語)
https://www.trenitalia.com/it/le_frecce/frecciargento-sibari-bolzano.html

★ヨーロッパ各種レイル関連商品のお問合せやご依頼はユーリンクまでどうぞ!
TEL 03-6434-0468 FAX 03-6434-0469 メール info@eurlink.jp
HP http://eurlink.jp ウェブショップ http://eurlink.cart.fc2.com

FA ROM

ユーレイルグローバルパスの秋の10%オフキャンペーンがスタート!/Eurail Globalpass campaign

(ユーレイルパスについては当社ユーリンクよりお求め下さい。)

さて9月も半ばを過ぎて、ぐっと秋らしくなって来ましたが、そんな今週からまたユーレイルグローバルパスの新しい割引キャンペーンがスタートとなりました。
eurail new
ユーレイルグローバルパスはほぼヨーロッパ全域で利用できる人気のパスですが、今回のキャンペーンではこのグローバルパスの大人やシニア料金など全てのタイプが一律で10%の割引となります。

MIL NJ

10%割引ということで、例えば一番ベーシックな3日(フレキシー)ですと、今月の当社の通常料金で1等大人が¥37600のところが¥33900に、またちょっと長めの旅行に人気の1等連続15日ですと通常¥75800が¥68300に、またパスの中で一番長い1等3ヶ月になると¥154200が¥138800と、かなりのお得感と言えるでしょう。

ICE FRA

なお今回のキャンペーンは、購入については来月10日発券分までの限定となります。このキャンペーンを利用したい場合は必ずそれまでにお求め下さい。なお購入後、利用可能なのはクリスマス前の12月15日までとなりますので、それまでのご旅行用にお求めいただければと思います。またこのキャンペーン利用の場合、料金が割引となっていることもあって、お求めになった後の変更やキャンセル等は一切できませんので、確実に旅行がお決まりになってからのお求めが安心でしょう。

TGV MRS

なおグローバルパスというと以前のイメージで、ヨーロッパ全体を旅行するわけじゃないから関係ないと思っている方もいらっしゃると思いますが、昨年販売分からグローバルパスは料金体系が大きく変わって、日数の短い3日や5日はぐっと割安になりました。これによりドイツとフランスなど1~2か国程度の旅行にもフィットし、お勧めできる商品となっています。また同時にイギリスも利用できるようになりましたので、通常のヨーロッパないであれば特に利用できる国などを気にしないで使えるようになったと言えるでしょう。

LON SP

これからの秋もまだまだヨーロッパの観光シーズンは続きます。クリスマス前までのヨーロッパ旅行には今回のグローバルパスのキャンペーンをうまくご利用ください。

erp 19

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

【ユーリンク ニュース SEP2019-3 /Italo情報など -EurLink news 】

ユーリンクではヨーロッパの列車などの情報を毎週ユーリンクニュースとしてご案内しております!
udine
———————————————–
ユーリンク ヨーロッパ ニュース SEP2019-3
———————————————–
■イタリア 今月よりイタロのローマ/ベネチア/ウディーネ線が運行開始
イタリアの高速列車イタロのローマ/ウディーネ線が今月1日より新しく運行を開始しました。この間のイタロは当面、ウディーネ早朝発とローマ午後発のそれぞれ1日1便の運行で、途中ベネチア(メストレ)やトレビーゾなどを経由してこの両都市間をおよそ5時間半で結びます。イタリア北東部とローマやフィレンツェなどとの移動がより便利になっていますので、今後もイタリア内の移動にはイタロなどの列車をご利用下さい。なおこの区間のイタロもクラブ(特等)、プリマ(1等)、コンフォート(中間クラス)、スマート(2等)の4クラス制で、ご希望に幅広く対応が可能となっています。詳細情報は下のイタロのHPもご参照下さい。(イタリア語)
https://www.italotreno.it/it/destinazioni-orari/treni-udine-roma

■ユーロスター 今冬も12月よりフランスへのスキートレインが週2便運行
イギリスとフランスなどを結ぶユーロスターは今シーズンは、12/20よりロンドンとフランスのスキーリゾートのムティエやブールサンモリスとを結ぶスキートレインの運行(直行便)をスタートします。運行は概ね、ロンドンが毎週金曜夜と土曜朝の出発、ブールサンモリスが毎週土曜朝と夜出発の週2便で、所要時間は8~9時間程度となり夜発の便はいずれも翌朝の到着となります。今冬のウィンタースポーツ旅行にご利用下さい。詳細は下のユーロスターのHPをご覧ください。
https://www.eurostar.com/uk-en/train/france/ski-train 

■セルビア ベオグラードとブダペスト間の国際列車など工事のため運休中
中東欧のセルビアでは、主要路線の首都ベオグラードとノヴィサドとの間で今年2月から路線工事が行われ、この区間の国内列車と合わせ、ベオグラードとハンガリーのブダペストやオーストリアのウィーンとを結ぶ国際列車なども運休が続いています。ベオグラードとノヴィサド間ではバスなどによる代行運転等も特にありませんので、当面セルビアなどでの列車利用については運行状況等を良くご確認下さい。なおこの区間の運行再開は早くて今年の12月が予定されています。運休についての詳細情報については下のセルビア国鉄のHPもご参照下さい。
http://serbianrailways.com/temporary-suspension-of-the-railway-traffic-between-belgrade-and-novi-sad-from-february-1/

★ヨーロッパ各種レイル関連商品のお問合せやご依頼はユーリンクまでどうぞ!
TEL 03-6434-0468 FAX 03-6434-0469 メール info@eurlink.jp
HP http://eurlink.jp ウェブショップ http://eurlink.cart.fc2.com

ITALO INSIDE

セルビア内の工事で、ベオグラードとブダペスト間の国際列車など運休中/ Serbia-Hungary train now suspended

(ハンガリーや中欧の列車手配については当社ユーリンクにお任せ下さい)

先週はハンガリーのブダペストの駅について少々書きましたが、そのハンガリーの南隣のセルビアでは今年の2月から国内の主要ルートで工事が行われ、ブダペストとベオグラードを結ぶ国際列車なども現時点でも運休となっています。

IMG_0430

セルビア内で運休となっているのは、一番のメインルートと言える首都べオグラードとその北にある主要都市のノヴィサドそとの区間で、今年の2月から工事により不通となっています。これにより、もともとベオグラードとブダペストは昼間の列車が1日2便、夜行が1便運行していましたが、その内の昼間の1便は国境乗換でノヴィサド止まりとなり、昼間のもう1便(ウィーンとの間で運行)と夜行はそのままこの区間は運休となっています。このため、現在ベオグラードと北の中央ヨーロッパを結ぶ国際列車は、別ルートを運行するクロアチアのザグレブとの間の昼間の列車のみになっています。(ザグレブ方面との間の夜行も運休中)

BEG-BUD

なお工事が終了して、運行が再開される時期はまだ確定していませんが、早くて今年の12月の冬スケジュール時期からの予定となっているようです。またこの運休の期間中も特に代行バスなどの代替交通機関の運行はないということですので、今の時期にセルビア方面へ鉄道旅行を予定している場合は気を付けた方がいいでしょう。情報はセルビア国鉄のHPもご参照下さい。

INSIDE

この区間はちょうど個人的に今年の冬に利用したばかりで、スピード的にはのんびりという感じ(所要時間は9時間ほど)ですが、車窓風景も含めなかなか味があって退屈しないルートでした。ベオグラード/ブダペスト間は今後高速列車を運行させる計画があり、今回の工事もそれに関連している可能性もありますが、なるべく早めに運転を再開して欲しいところです。

BEG-BUD2

ちなみにベオグラードのこうした国際列車等の発着駅は去年の夏から、新しくCentar駅に移っています。以前と比べて街の中心部からは少し離れていて、多少不便な点もありますが、駅自体は待合スペースやカフェ、ATMなど一応設備が整えられ、利用上特に問題はありません。今のところ、このベオグラード/ブダペスト間は運休となっていますが、今後セルビアなどバルカン諸国もぜひ列車で旅行してみて欲しいと思います。

BEG

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ブダペストの発着駅はどこ?/ Stations in Budapest

(ハンガリーや中欧の列車手配については当社ユーリンクにお任せ下さい)

ヨーロッパの大きな街といえば、ロンドンやパリのようにいくつかの列車のターミナル駅があるのがわりと一般的ですが、中欧ハンガリーのブダペストもその1つと言えます。この町には長距離用のターミナル駅が東駅(KELETI)、西駅(NYUGATI)、南駅(DELI)の3つがあるのです。

BUD K

この3つの駅は大体運行する方面ごとに発着する列車が決まっているのですが、この中で、一番有名で旅行客の利用が多い駅はウィーンなど西ヨーロッパ方面との間の列車が発着する東駅でしょう。この駅にはミュンヘンやウィーンさらにはスイス方面との間のレイルジェットやEC、またバルカン半島のルーマニアやセルビア方面の列車など多くの国際列車が発着します。また100年以上前に建てられた駅舎はその美しさが有名で、映画やイメージ映像などの撮影にも多く使われています。

BUD K2

一方西駅は国際列車ではチェコやポーランドまたドイツのベルリン方面の列車が発着し、国内線ではハンガリー東部のデブレツェンやセゲドなどの主要都市との間の列車もこの駅の発着になります。ガラス張りのきれいな外観もこの駅の特徴となります。

BUD N

そして南駅は、国際列車ではクロアチアのザグレブやスロベニアとの間の列車が発着し、また国内ではバラトン湖方面の列車がこの駅発になります。この南駅は場所的には、東駅や西駅と違って、ドナウ川西岸のブダ地区にある点が特徴的です。

BUD D

このようにブダペストのターミナル駅は方面別に発着駅が分かれていますので、利用の際は事前にどの駅から乗るのか、どの駅に着くのかはよく確認しておくといいでしょう。これらの駅の間にはメトロが走っていますので、移動はそこそこ便利です。

BUD METRO

なお下にグーグルマップから貼りましたように、それぞれ東駅(KELETI)、西駅(NYUGATI)、南駅(DELI)と名前が付けられていますが、実際の位置的には東駅はともかく、西駅は「北駅」的な場所に、南駅が「西駅」的な場所にありますので、その点もちょっと注意しておくといいかもしれません。

STATIONS BUDAPEST

ではブダペストの駅についてはちょっと確認した上で、ぜひハンガリーや中欧の列車旅行も楽しんで欲しいと思います!

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで