パリなどフランスの主要駅のTGV用のチケットゲート/ Gate for TGV in French stations!

先週は、パリなどフランスとスイスを結ぶTGVリリアについてお書きしましたが、そのリリアも発着するフランスのパリリヨン駅も含め、現在フランスの主要駅ではTGVに乗車する際のチケットゲート(自動改札)が設置されるようになっています。

par lyon

最近までヨーロッパでは、ほとんどの場合で駅に改札などがなく、チェックなしでそのまま列車に乗ることができてしまうのが一般的でした。TGVもそうした列車の1つでしたが、ここのところの高速列車の発達やテロ等の緊張の高まりもあって、乗車前にチェックのある駅や列車が増えており、TGVもその仲間入りというところです。

IMG_9140.JPG

こうしたゲートはそれぞれホームに入場する位置に設置されていて、ゲートを通過する際にはチケットに通常印字されているバーコードをゲートの読み取り機の部分にかざすことになります。飛行機に乗る際のチェックイン機に似たイメージです。(下の画像の機械はたまたま作動していなくてそのまま通れましたが)

BOD

チケットチェックだけで荷物やパスポートのチェックなどはありませんので、特にゲートを通るのに時間がかかるということはありません。そうしたバーコードの付いてないチケットを利用の際には近くの駅員などに声をかけて通ることになるでしょう。ゲート設置の目的としては、治安のアップ(テロ防止)と効率化(車内での検札を簡略化)かと思いますが、こうしたゲートにもデザイン性を求めているところがフランスっぽいと言えるでしょうね。

IMG_9248

なお現時点で、こうしたゲートが設置されているのはパリのリヨン駅、北駅、モンパルナス駅、東駅、リヨンのパールデュー駅、マルセイユのサンシャルル駅、ボルドーのサンジャン駅、レンヌ駅、ナント駅など十数駅で、これ以外の駅では今まで通りそのまま乗車して、車内で検札を受けることとなります。お客さんが多い時間帯は下の画像のように混雑するケースもあると思いますので、多少早めに駅についていた方が良いかもしれません。ちなみ下車の際は今までと同様チェックなどはありません。

par

今までチェック無しにそのまま乗車できることに慣れてる身からは少しだけわずらわしい気もしますが、駅にほぼ必ず改札がある日本から見ると、逆にチケットチェックを受けて乗車した方が安心という人も多いように思います。今後おそらくさらにゲート設置は進んでしょう。ヨーロッパでの列車の乗り方もさらにいろいろ変わっていきそうです。

IMG_9194

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>