ヘルシンキと首都モスクワを結ぶ寝台列車 トルストイ/ Tolstoi night train

フィンランドとロシアを結ぶ列車で、一番便利で利用者も多いのは前回にも書きましたアレグロですが、お互いの首都のヘルシンキとモスクワを直結する唯一の列車が夜行列車のトルストイです。

IMG_8398

ロシアの文豪からその名をとったこのトルストイは、主にロシア鉄道側による運行となり、車両もロシア鉄道側のものが使用され、ヘルシンキとモスクワの間を片道14時間ほどかけて、毎日各1便ずつが運行しています。今回このトルストイにヘルシンキから乗車してみましたので、ざっとそのインプレッションをご案内しましょう。

IMG_8396

まずヘルシンキでは、このトルストイは特に専用のホームなどではなく、フィンランド側の列車と普通に並んで停車しています。緑が主体のフィンランド車両の中に並ぶ、シルバーと赤のモダンな車体は結構目立ち、なかなかキレイです。この時は出発の20分くらい前に乗車がスタートとなり、ホームの先の予約した車両に向かいます。各車両にはロシア側の乗務員が立っていて、その乗務員にチケットを見せて、パスポートなどのチェックも受けた上で乗車となります。国際列車ということもあって乗務員も、やや聞き取りにくいものの英語でのコミュニケーションが可能です。

IMG_8401
 
今回は通常のシングルでの利用でしたが、もともと最大4人利用できる部屋(1/2/4人用)となっていて、広さ的には今までで乗った寝台の中では一番かもしれません。それにインテリアデザインもモダンでかなりきれいです。ロシアっぽいのは机にテーブルクロスが掛けられて、ドリンクや軽食などが並べられているところで、これらはもちろんサービスで料金に含まれています。また室内のアメニティーセットや新聞なども置いてあります。

IMG_8409

ちなみに部屋は自動ロックとなっていてカードキーも渡されます。これもなかなかロシアのイメージ離れした感じです。その他乗車時にはロシア入国に必要な入出国カードも乗車時に乗務員から渡されます。なおこのクロスがかかったテーブルを上に開けるとそこは洗面台になっています。

IMG_8404

なおこのトルストイの寝台のタイプとしてはこの他に、室内にシャワーなどが備わったロシアテイスト満載の、特等にあたる部屋(1~2人用)もあります。一方で一般のヨーロッパの夜行列車にあるようなクシェットやシート車は連結されていません。ちなみに今回利用した通常の寝台については、シャワーとトイレは車両に共用のものが付いていて、そこを使うことになります。(トイレ単独が1ヶ所とシャワー+トイレが1ヶ所) シャワーは今回は使わなかったものの見たところなかなかきれいです。

IMG_8421

さてこうして乗り込んでウロウロしている内に、列車は18時前に定刻でヘルシンキを出発しました。冬のためもうとっくに外は真っ暗ですが、しばらくはヘルシンキの街の明かりがチラホラ続きます。ちなみにルーズなイメージもあるロシアですが、乗る限り列車の運行はなかなか正確です。そのあたりは同じ寒い国のスカンジナビアの国々と共通するものがあるのかもしれません。

IMG_8407

ちょっと長くなってきましたのでこの後のモスクワまでの様子などはまた次回にお書きします。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>