スイス ツェルマットピークパス -今年は料金3段階に!/ Zermatt peakpass 3 Fare levels!

スイスアルプスで、先週のユングフラウと並ぶ人気の名山と言えば、やはり切り立った山容が印象的なマッターホルンでしょう。そのマッターホルンのふもとのツェルマットエリアで、ゴンドラなどの山岳交通機関などが乗り放題になるのがこのツェルマットピークパスです。

IMG_7271

このツェルマットを中心としたエリアには、マッターホルンの展望台として有名なゴルナーグラートへのゴルナーグラート鉄道、スイスの最高標高駅でもあるクラインマッターホルン(マッターホルングレーシャーパラダイス)へのゴンドラ、またより気軽に展望楽しめるスネガとロートホルンへの鉄道やロープウェイなどさまざまな乗り物が運行されていますが、このツェルマットピークパスでほぼその全てを利用することができます。町中を走る路線バス(グリーンバス/レッドバス)も利用できますのでまさにツェルマット滞在の最強の1枚と言えるでしょう。

zermatt map image:Gornergrat bahn

そしてこのツェルマットピークパスの今シーズンのトピックは、以前にもお伝えしましたように、料金が利用シーズンに応じて3段階になったことと言えるでしょう。昨年までは料金は2段階でしたが、今年から4月までと11月からのローシーズン利用分、5~6月と9月~10月のミッドシーズン利用分、そして7~8月のハイシーズン利用分の3つに分けられ、金額的にはミッドシーズンを基準に、ローシーズンは15%程度値下げとなり、ハイシーズンは10%ほど高くなっています。(ゴルナーグラート鉄道などの区間料金も同様に3段階となっています)ですので、今年は7~8月の一番混む時期を少しはずして、6月や9月あたりもご旅行としてはねらい目となるでしょう。下が料金表となります。

PPASS

ただハイシーズン前については、5月下旬まではスネッガ方面全般が、また6/22まではフーリとトロッケナーシュテック間の一部ルートなどがまだ運行が開始されていませんし、また一番山上のクラインマッターホルン(マッターホルングレッシャーパラダイス)へのロープウェイも5/2から11まで点検のため運休となりますので、こうした時期の利用の際には、運行状況に注意が必要です。

IMG_7282

このツェルマットピークパスは有効期間については昨年からは最短1日から利用できるようになり、短い滞在の方などにもぐっと使いやすくなりました。また引き続きスイストラベルパスやハーフフェアカードをお持ちの方には25%程度の割引もありますので、スイスの鉄道周遊と合わせての利用もお勧めです。(スイストラベルパスフレックスの場合は日にちのカウントが必要になります)

IMG_7302

これからのサマーシーズンに、ぜひこのツェルマットでピークパスを使ってマッターホルンなどの風景やを満喫して欲しいと思います。また氷河特急とも合わせての利用もおおすすめです。ツェルマットピークパスの詳細は当社の こちらのページ または 当社ウェブショップ をご覧ください。

IMG_7293

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>