セルビア内の工事で、ベオグラードとブダペスト間の国際列車など運休中/ Serbia-Hungary train now suspended

(ハンガリーや中欧の列車手配については当社ユーリンクにお任せ下さい)

先週はハンガリーのブダペストの駅について少々書きましたが、そのハンガリーの南隣のセルビアでは今年の2月から国内の主要ルートで工事が行われ、ブダペストとベオグラードを結ぶ国際列車なども現時点でも運休となっています。

IMG_0430

セルビア内で運休となっているのは、一番のメインルートと言える首都べオグラードとその北にある主要都市のノヴィサドそとの区間で、今年の2月から工事により不通となっています。これにより、もともとベオグラードとブダペストは昼間の列車が1日2便、夜行が1便運行していましたが、その内の昼間の1便は国境乗換でノヴィサド止まりとなり、昼間のもう1便(ウィーンとの間で運行)と夜行はそのままこの区間は運休となっています。このため、現在ベオグラードと北の中央ヨーロッパを結ぶ国際列車は、別ルートを運行するクロアチアのザグレブとの間の昼間の列車のみになっています。(ザグレブ方面との間の夜行も運休中)

BEG-BUD

なお工事が終了して、運行が再開される時期はまだ確定していませんが、早くて今年の12月の冬スケジュール時期からの予定となっているようです。またこの運休の期間中も特に代行バスなどの代替交通機関の運行はないということですので、今の時期にセルビア方面へ鉄道旅行を予定している場合は気を付けた方がいいでしょう。情報はセルビア国鉄のHPもご参照下さい。

INSIDE

この区間はちょうど個人的に今年の冬に利用したばかりで、スピード的にはのんびりという感じ(所要時間は9時間ほど)ですが、車窓風景も含めなかなか味があって退屈しないルートでした。ベオグラード/ブダペスト間は今後高速列車を運行させる計画があり、今回の工事もそれに関連している可能性もありますが、なるべく早めに運転を再開して欲しいところです。

BEG-BUD2

ちなみにベオグラードのこうした国際列車等の発着駅は去年の夏から、新しくCentar駅に移っています。以前と比べて街の中心部からは少し離れていて、多少不便な点もありますが、駅自体は待合スペースやカフェ、ATMなど一応設備が整えられ、利用上特に問題はありません。今のところ、このベオグラード/ブダペスト間は運休となっていますが、今後セルビアなどバルカン諸国もぜひ列車で旅行してみて欲しいと思います。

BEG

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>