イギリス東海岸線 スコットランドの首都エジンバラへ/ Train to Edinburgh

先週から引き続きのイギリスの主要幹線の「東海岸線」ですが、列車はニューカッスルを出て、さらにスコットランド方面へ向けて北上を続けます。ちなみに前回も案内した1等のドリンクや軽食のサービスは乗車時の1回だけでなく、時間を置いて何度か周ってきます。前回はブレックファースト的な内容でしたが、今回はちょっとランチっぽいチョイスになります。

LUNCH

ほどなくイングランド最後の「国境の町」バーウィック-アポン-ツイードに到着です。車窓からも教会の塔などが印象的な美しい町です。ちなみにジャケットなどに使われる生地のツイードは、このあたりがもともとの産地だったことからその名前が付いています。

BERWICK U T

そしてバーウィック-アポン-ツイードあたりからスコットランド国境前後は、この路線で唯一海が見える区間になります。しばらくぴったり海岸線沿いを走り北海を一望できます。イギリスであまり車窓から海が見える区間がないこともあって、ちょっと感動的です。

NORTH SEA

そしてロンドンを出てからおよそ4時間半、いよいよ終点のエジンバラのウェーバリー駅に到着です。エジンバラはスコットランドの「首都」で多くの列車も発着します。駅もなかなか格式のある雰囲気です。。

edi

街としてはお隣のグラスゴーの方がかなり大きいですが、岩山の上に建つ城など独特の重厚な雰囲気があり、魅力の尽きない街と言えるでしょう

EDI2

この「東海岸線」、ロンドンからエジンバラまでですとそこそこの所要時間ですが、車窓もそれなりに変化があって、なかなか楽しめる列車移動かと思います。使用されており車両は今のところ新しいとも言えませんが、実用上は十分で、もちろん利用上問題はありません。

UK AZUMA

さらに今後日本の日立製作所が開発した新型車両が今年から「AZUMA」として新しく運行を開始する予定となっています。このAZUMAのネーミングはもちろん東海岸線と日本語の東(あずま)を掛けたもので、日本人にとってもちょっと愛着がわくところです。この新型車両の導入により今後このルートの利用がより快適で便利になりそうです。

britlogo sma

ぜひイギリス内やスコットランドへの旅行にはこの「東海岸線」の列車をご利用ください。もちろんブリットレイルパスや区間によってブリットイングランドパスもお勧めです。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>