10月よりジャーマンレイルパスの秋のキャンペーンがスタート/German railpass New campaign

9月残り1週間ほどとなり、すっかり秋めいてきましたが、来月10月からドイツのジャーマンレイルパスのキャンペーンがまた新たにスタートとなります。
db-bahn

ジャーマンレイルパスのキャンペーンは今年の8月にも実施されましたが、10月からは秋冬のキャンペーンとして再スタートとなります。今回のキャンペーンは、10/1から12/8までの購入分を対象として、3日料金が通常の10%、7日料金が通常の20%の割引(フレキシーと連続の両タイプとも対象)となる他、このキャンペーン限定の2日料金も販売されることが特徴です。またジャーマンパスのキャンペーンの場合は、ツインやユースなどの割引料金も適用になってさらに安くなるのがおトク感が強いところです。

ice3

まだ10月料金が確定していこともあって、正確な金額は何とも言えませんが、今月料金で、例えば一番安い2等連続3日は2人用ツイン料金で1人当り¥20600ですが、これが計算上ほぼ¥18000程度となります。また2等7日のフレキシーあたりですと、通常大人料金は¥39500ですが、このキャンペーンを利用すると20%オフで¥31000程度となって5日料金よりも安くなり7日も使わないという場合でもメリットがあります。また限定販売の2日料金は当然3日の割引料金より安くなりますので、かなり割安にドイツの内のICEをはじめとした列車ネットワークを乗り放題で利用できることになります。

cgn

ただキャンペーン商品ということで、制限もあって、購入したパスの利用期限は来年の1月末までとなります。また購入後の変更や取り消し、払い戻しなどはできませんのでお求めの際は注意が必要かもしれません。

BER

ドイツでは、看板列車のICEなどがフランクフルト、ケルン、ミュンヘン、ベルリンなどの主要都市間をくまなく結んでいて、列車での移動がとても便利ですし、またICEも全席予約制ではなくパスのみでそのまま利用できることもあって、レイルパスがとても利用しやすい国と言えます。またイギリスやフランスのような一極集中がなく、主要都市が観光スポットが各地に点在し、移動する機会が多いこともあって、このジャーマンレイルパスは国別パスの中でも一二を争う人気のパスとなっています。

ICE MUC

また11月下旬頃からはドイツの多くの街ではクリスマスマーケットが開かれ、美しいイルミネーションが街全体を包みます。ドレスデン、ハンブルク、ケルンなどが有名ですが、ちょうど今回のジャーマンパスのキャンペーンはこのクリスマスマーケットのシーズンにぴったり符合します。ぜひこのキャンペーンを利用して秋からクリスマスシーズンへのドイツの列車旅を味わってほしいと思います。

HAM

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スイス氷河特急 今シーズンは10/14までの運行!/ Swiss Glacier Express

9月も半ばとなって日々秋めいてきていますが、前回のユングフラウ鉄道でも書きましたように、これからの時期もしばらくはスイスの各列車はサマーシーズンの運行が続き、列車旅を楽しむことができます、人気パノラマ列車の氷河特急も10/14までは運行され、ピークから少し外れたこの9~10月は夏の混雑も一段落して、落ち着いて楽しめるシーズンではあるのです。

csm_ZF7E5124_6260dd8f7e[1]
image: MGB

9月以降も下のタイムテーブルのように10/14まで、この氷河特急は1日4便のピーク時期と同様の運行が続きます。この4便の内2便がツェルマットとサンモリッツ間をフルに運行し、もう1便はツェルマットとクール間を結び、そしてもう1便はサンモリッツとブリーグ間を午後に出発して夜に到着するという新しいスケジュールで運行しています。もちろんツェルマットとサンモリッツの全区間を乗るのがベストですが、乗車時間も8時間程度とやや長くなりますので、特にこの時期は、短めに運行する便に乗ったり、途中で下車するなど部分的に利用するのも手かもしれません。

gexp tt

また今シーズンの氷河特急は、利用日によって座席予約料金が2段階になり、この9/16以降の乗車分は料金的にやや安く利用できます。この点も秋の氷河特急のアドバンテージと言えるでしょう。夏と違って席の予約も取りやすくなり、よりゆったり利用が可能となります。

Glacier Visp

そして10/14の運行終了後、10/15から12/8までは冬季の運休期間になります。この期間中、氷河特急は全区間で全て運休となりますので、この時期にスイスの鉄道旅行を考えている場合には注意してください。もちろん氷河特急と同じルートをローカル列車は運行していますので、それを乗り継いで、同じ車窓風景を楽しむことはできます。

mgb

12/9からはウィンターシーズンの運行がスタートとなり、以降は毎日1日1便の運行体制となります。4/19からは1便が追加され、1日2便体制となります。なおウィンターシーズンの運行は5/10までとなります。

そして来シーズンの氷河特急のトピックは、新しく「エクセレンスクラス」が導入されることです。言わば特等にあたるこの「エクセレンスクラス」は、従来の1等よりさらにぐっとハイグレードで、料金はかなり高くなるものの、画像のように車内は非常にゆったりした1+1列の2列配置で、よりハイグレードなコースランチや各種のドリンクや軽食も料金に含まれ、さらにコンシェルジェサービスや専用情報端末も利用できるなど至れり尽くせりの内容となっています。運行開始は来年の3月を予定していますので、氷河特急をより優雅に利用したい方はぜひ注目です。

ex class
image: MGB

ぜひこれからの秋、そして冬から来年へ、話題満載のこのスイス氷河特急をぜひご利用ください。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スイス ユングフラウ鉄道 これからの秋にもお勧め! /Swiss Jungfrau railways from Autumn

9月に入って少しずつ秋らしくなってきましたが、夏のピークを過ぎてちょっと落ち着いたこれからの秋のスイスもなかなか魅力的と言えます。
Jungfrau
そのスイスアルプス一番人気と言えば、先々週も取り上げたユングフラウ鉄道ですが、今シーズンに関しては10/21までそのままサマーシーズンの運行が続きます。インターラーケンからグリンデルワルドまたはラウターブルンネンを回ってユングフラウヨッホへのメインルートはもちろん1年中運行してますし、ユングフラウの山々を眺めたり、ちょっとしたハイキングをしたりするのにぴったりな、シーニゲプラッテ、フィルスト、メンリッヘンの山々への登山鉄道やロープウェイなども10/21まではバッチリ営業しています。

2JB

また人気のユングフラウVIPパスやユングフラウトラベルパスも同様に10/21までは利用可能です。特にユングフラウVIPパスは日本向けの専用商品で通常の往復料金よりも安く利用できますので、滞在日数などに合わせてこれらのパスをお使いになればよりお得でよりアクティブにユングフラウが楽しめます。観光にハイキングにその他のアウトドア体験にこれらのパスはお勧めです。

wengen

もちろんピークシーズンで多くのお客さんで活気にあふれていている時期も楽しいのですが、その混雑から少し外れたこの9~10月もユングフラウの魅力は十分味わうことはできるでしょう。

2BOB鉄道

また、ユングフラウヨッホへのメインルートは1年中運行していますので、11月以降のユングフラウも決して捨てたもの(?)ではありません。昨年から11月以降については新しくローシーズン料金が設定されていますので、よりリーズナブルにユングフラウヨッホまでの山岳ルートを周遊することができます。ハイキングなどのアウトドア系のアクティビティーはともかく、通常の観光であればもちろんこの時期でも楽しむことができます。

Jungfraujoch

ぜひ秋以降もちょっと落ち着いたスイスの旅行を楽しんで欲しいと思います。

Murren

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ユーレイルグローバルパスのキャンペーンがスタート!9/15販売分まで/ Eurail Globalpass canpaign

さて今日から9月に入りまして、それなりの暑さは続いているもののちょっと秋っぽい雰囲気になってきた気はします。そんな今月ですが、15日までの販売分を対象に、ユーレイルグローバルパスの割引キャンペーンがスタートとなりました。
eurail new
このユーレイルグローバルパスは西はポルトガルやアイルランド、北はスウェーデンやフィンランド、東はポーランドやトルコ、そして南はイタリアやギリシャなど、イギリスを除くほぼヨーロッパ全域の28カ国等で利用できる「本家ユーレイルパス」とも言えるレイルパスで、今回のキャンペーンではこのグローバルパスの大人料金とユース料金が、日数などに応じて10%程度から最大30%以上割引となるのです。

IC Turku

フレキシータイプのパスや利用日数が長めのパスの方が割引も比較的大きくなりまして、例えば1等連続15日ですと通常¥83500が¥78600とそれほどの割引でもないですが、1等フレキシー5日の場合で通常¥65500が¥50300と25%程度、1等フレキシー15日なら¥128400が¥87500、また一番長い1等3ヶ月になると通常¥228200が¥159900と、30%ほどの大幅な割引になります。具体的な料金の詳細は下の料金表をご覧下さい。

egpsep

ただ今回キャンペーンは同行割引のセーバー料金は対象となりませんので、2人以上での利用の場合にはセーバー料金とよく金額を比較して決めていただくのがいいと思います。またこのキャンペーン料金のパスについては、料金が安くなっていることもあって、お求めになった後は変更やキャンセル等はできませんのでその点も注意しておく必要があるでしょう。

EURAILPASS COVER

なお今回のキャンペーンはあと2週間程度で9/15の販売分で終了となりますので、このグローバルパスのキャンペーン利用を予定の方はお早目のお求めが安心でしょう。なおパスは購入してから最大1年程度の間に利用すれば大丈夫ですので、もしお決まりであれば、今後の秋や年始年末などの旅行にもお使いになれます。

DUS RE

ぜひこれからの秋冬シーズンのヨーロッパの列車旅に、こうしたキャンペーンをうまくご利用ください。

VCE FR

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

スイス ユングフラウVIPパス 今シーズンも一番人気/ Jungfrau Vippass

さて夏のスイスアルプスで最もポピュラーな旅行先と言えばやはりユングフラウと言えるでしょう。
このユングフラウエリアを回るためのチケットとしては、通常のインターラーケンやグリンデルワルドからの乗車券、また3日から8日まで滞在日数に合わせて選べるユングフラウトラベルパス、そしてこの3日有効のユングフラウVIPパスとがあるのですが、やはり今年も一番利用する方が多いのは何と言ってもVIPパスです。その人気の理由はまず料金的に有利で、さらに有効範囲、有効日数のバランスがうまく取れているからでしょう。

2ユングフラウとWAB車窓から

まずは料金(全て8月現在の料金です)ですが、ユングフラウVIPパスは3日有効¥25000で、これでユングフラウのトップ部分のユングフラウヨッホまでの利用が可能です。この金額は実はハイシーズン時期(6~8月)のインターラーケンやグリンデルワルドからの単純な往復料金よりも安いのです。今年から乗車券料金はシーズン分けされ、ハイシーズンの金額が上がったこともあるのですが、ハイシーズンの場合インターラーケンからの往復は¥28500、グリンデルワルドからは¥26000となり、単純に往復するだけでもVIPパスが料金的にオトクになるのです。

jung fare
またユングフラウトラベルパスについては3日料金を単純に見ると¥22000でVIPパスより安いのですが、ユングフラウヨッホへはプラス料金が別途必要でそれを加えるとVIPパスより高くなっていまいます。この料金的なアドバンテージは大きいでしょう。

2クライネシャイデックユングフラウ鉄道側ホーム

また人気の理由はその有効範囲が日本人の旅行にフィットしている点もあるでしょう。下がVIPパスの有効範囲ですが、ユングフラウヨッホの往復の他に、フィルストやメンリッヘン、ミューレン、シーニゲプラッテ、ハーダークルムの登山列車をほどよくカバーしています。ユングフラウトラベルパスの有効範囲よりは多少狭くなるのですが、1日はユングフラウヨッホへの往復に当てて、残りの2日(または1日)はそれ以外のスポットに何か所か行ってみるという感じで、旅程にフィットしていると言えるでしょう。

vip map

また日数が3日というのもちょうど日本人の旅行パターンに合っているのでしょう。大体日本の方の旅行パターンとしてはインターラーケンに2泊してその後はツェルマット方面へといった感じで、大体このエリアに2泊程度するのが一般的と思います。となると、ユングフラウヨッホにも往復できて 最大で3日使えると言う点がちょうどピッタリと言えます。

Jungfraujoch

もちろん1週間などじっくり滞在する方には最大8日まで利用できるユングフラウトラベルパスもお勧めです。ハーフフェアカードやスイストラベルパスをお持ちの場合には乗車券やユングフラウトラベルパスには割引がありますので、むしろより安く利用できる場合もあります。旅程や所持しているパスなどに応じて最適なチケットを選んで旅行されるのがいいでしょう。

new Jung train

今年の夏もそろそろ残り少なくなりましたが、10月中旬くらいまでは各登山鉄道も夏スケジュールで運行され、まだまだ楽しめますので、ぜひそれまでの時期にこのユングフラウ地方の美しい風景を満喫してほしいと思います。(なお今シーズンはユングフラウVIPパスとユングフラウトラベルパスの利用期間は10/21までとなります)
詳細情報は下の当社のHPまたはウェブショップよりご覧ください。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

今月末まで!ジャーマンレイルパス10日と15日の20%オフキャンペーン / German railpass campaign in Aug.

8月ももう後半に入りまして、このブログでの案内が遅くなりましたが、現在今月販売分限定でドイツのジャーマンレイルパスのキャンペーンが実施されています。

db-bahn

ジャーマンレイルパスのキャンペーンは年に何回か行われるのですが、今回のキャンペーンは去年の夏と同様、連続タイプとフレキシータイプを含め全ての10日と15日の料金が通常より20%割引安くなるという内容になります。通常の大人料金だけではなく、ツイン(2人用)やユース(25才まで)といった割引料金もさらに20%安くなりますので、なかなかのインパクトのキャンペーンと言えるでしょう。例えば1等15日フレキシーの通常の大人料金は¥96900ですが、このキャンペーンを利用すると¥77600となります。さらに2人利用の場合はツインのキャンペーン料金を使えば1人あたり¥58000となり、ダブルでお得となるわけです。

ICE FRA

ドイツは、高速列車のICEやICなどが主要都市間をくまなく結んでいて国内での列車移動がとても便利ですし、またICEはフランスTGVのように全席予約制ではなくパスのみでも利用できることもあって、レイルパスがとても利用しやすい国と言えます。またドイツの場合は、イギリスのロンドンやフランスのパリのように首都に一極集中しておらず、フランクフルト、ミュンヘン、ケルン、ベルリンなど主要都市が各地に分散して、各都市間を移動する機会が多いこともあって、このジャーマンレイルパスは各国別のパスの中でも1/2を争う人気のレイルパスとなっています。

ICE MUC

またさらに、ドイツ内の列車に限らず、ドイツ鉄道(DB)が運行するベルギーのブリュッセルとの間のICEやイタリアのベローナやベネチアとの間のEC、さらにポーランドやチェコとの間のICバスにも利用できる点もジャーマンレイルパスのメリットです。また、人気のロマンティック街道バスの割引(20%)の特典も利用できるなど、魅力満載と言えます。

EBUS

なお今回のキャンペーンは今月末(8/30)までが販売期間となります。ただそのキャンペーン料金のパスは9月末までの旅行に利用できますので、夏休みから秋口くらいまでの旅行にお使いになれます。ただキャンペーン商品のため購入後の変更や取り消し、払い戻しなどはできませんので、確実に旅行が決定してからのお求めがベターでしょう。

BER

ここ数年、テロや難民問題などでドイツへの旅行はイマイチな状況でしたが、今年くらいから人気が盛り返してきているようです。ぜひ夏休みから秋口のドイツ旅行にこのジャーマンレイルパスのキャンペーンをご利用ください。

ICE FRAF

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

暑中お見舞い申し上げます!/ Have a happy Summer holiday!

明日8/11は山の日の祝日で、毎週のこのブログもお休みとなります。
猛暑が続いていますが、皆さまも体調をこわさないように気をつけて、夏の休日を楽しんでください。
(下はさわやかなノルウェーの車窓風景です)

Flam line

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ユーレイルイタリアパスの8月限定20%割引キャンペーンがスタート!/ Eurail Italy pass campaign

さて、ここしばらくイギリスの現地情報をアップしてきましたが、今回は場所を変えてイタリアの話題です。イタリアをカバーするユーレイルイタリアパスのキャンペーンが今月限定でスタートしました!

ROM TER

このキャンペーンはユーレイルイタリアパスを対象に、通常料金から20%オフのキャンペーン料金で今月中お求めになれるというものです。ユーレイルイタリアパスには25歳までのユース料金といった割引料金もありますが、それもこのキャンペーンでダブルで安くなりますので、かなりのおトク感があると思います。なお2人以上のセーバー料金は対象外になりますのでご注意下さい。

eurail new

例えばイタリアパスの売れ筋とも言える3日の場合、下の料金表のように通常料金は1等¥28000、2等¥22600ですが、キャンペーン利用の場合は1等¥22400、2等¥18100とセーバー料金よりも安くなり、かなり値ごろ感のある料金になります。またこれからシーズンを迎える学生旅行に人気のユース料金ですと、同様の3日なら2等¥18500が¥14800、一番長い8日でも割引後で¥27200とリーズナブル料金になっています。

ER-ITA

なおこのイタリアパスはフレキシータイプで利用開始から1ヶ月の間に利用日数分がとびとびで利用でき、イタリア内の周遊旅行にぴったりのパスと言えます。ただ近郊路線やローカル列車は別として、イタリア内では長距離の移動の場合、通常フレッチャロッサなどの高速列車を利用することとなり、パスの他に別途座席予約(有料)が必要となります。

FR1000

またイタリアパスはもともとの国鉄(トレンイタリアまたはその系列)の列車にはもちろんご利用になれますが、新しく運行を開始した高速列車のイタロにはお使いになれませんのでご注意下さい。

ITALO

ただこの今回のキャンペーンは購入の期限は8月末までですが、パスは発券日から11か月後まで利用が可能ですので、9月以降の旅行にももちろん利用可能です。ただキャンペーン料金のため、購入後は変更やキャンセル、払戻しなどはできませんので、確実に旅行をすることが決まってからお求めになった方がいいでしょう。

EURAILPASS COVER

ぜひこのイタリアパスのキャンペーンを利用して、夏のイタリアの旅行をおトクに楽しんでみましょう!!

GROSETTO

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

イギリス東海岸線 スコットランドの首都エジンバラへ/ Train to Edinburgh

先週から引き続きのイギリスの主要幹線の「東海岸線」ですが、列車はニューカッスルを出て、さらにスコットランド方面へ向けて北上を続けます。ちなみに前回も案内した1等のドリンクや軽食のサービスは乗車時の1回だけでなく、時間を置いて何度か周ってきます。前回はブレックファースト的な内容でしたが、今回はちょっとランチっぽいチョイスになります。

LUNCH

ほどなくイングランド最後の「国境の町」バーウィック-アポン-ツイードに到着です。車窓からも教会の塔などが印象的な美しい町です。ちなみにジャケットなどに使われる生地のツイードは、このあたりがもともとの産地だったことからその名前が付いています。

BERWICK U T

そしてバーウィック-アポン-ツイードあたりからスコットランド国境前後は、この路線で唯一海が見える区間になります。しばらくぴったり海岸線沿いを走り北海を一望できます。イギリスであまり車窓から海が見える区間がないこともあって、ちょっと感動的です。

NORTH SEA

そしてロンドンを出てからおよそ4時間半、いよいよ終点のエジンバラのウェーバリー駅に到着です。エジンバラはスコットランドの「首都」で多くの列車も発着します。駅もなかなか格式のある雰囲気です。。

edi

街としてはお隣のグラスゴーの方がかなり大きいですが、岩山の上に建つ城など独特の重厚な雰囲気があり、魅力の尽きない街と言えるでしょう

EDI2

この「東海岸線」、ロンドンからエジンバラまでですとそこそこの所要時間ですが、車窓もそれなりに変化があって、なかなか楽しめる列車移動かと思います。使用されており車両は今のところ新しいとも言えませんが、実用上は十分で、もちろん利用上問題はありません。

UK AZUMA

さらに今後日本の日立製作所が開発した新型車両が今年から「AZUMA」として新しく運行を開始する予定となっています。このAZUMAのネーミングはもちろん東海岸線と日本語の東(あずま)を掛けたもので、日本人にとってもちょっと愛着がわくところです。この新型車両の導入により今後このルートの利用がより快適で便利になりそうです。

britlogo sma

ぜひイギリス内やスコットランドへの旅行にはこの「東海岸線」の列車をご利用ください。もちろんブリットレイルパスや区間によってブリットイングランドパスもお勧めです。

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ロンドンとエジンバラを直結!イギリス「東海岸線」/ East coast main line in UK

前回は「西海岸線」を運行するヴァージントレインのペンドリーノのご紹介をしましたが、その「西海岸線」と並んで、イギリスを南北に縦断するもう1つのメインルートが「東海岸線」(East coast main line)です。この「東海岸線」はロンドンからヨーク、ニューカッスルなどを通ってスコットランドの首都エジンバラを結び、日本からの旅行者にもなじむの深い路線ですが、先日久しぶり(20年ぶりくらい?)に利用してみましたので、簡単にインプレをご案内したいと思います。

IC225

ロンドンの出発駅は以前にも案内したキングスクロス駅になります。なかなか歴史を感じさせるロンドンっぽい駅です。そしてこの区間を結ぶのは、ヴァージントレインイーストコースト社(当時)が運行するイギリスのベテラン高速車両インターシティ225です。余り新しいとは言えず少々エクステリアにはややレトロ感もありますが、内外装はがんばってリニューアルされています。(なおこのルートは今年6月からは運行会社が変わって、LNER社の運行になっています。)

IC225

この時は1等利用でしたので、車内は1列+2列のゆったりした配置になっています。黒いレザーのシートは大ぶりでなかなか快適です。

1CL

なお2等は下のようなイメージでシートもややシンプルですが、ある程度長時間の乗車でも実用上は問題ありません。(ちなみにシートの上の方に挿してあるのは座席予約が入っていることを示すカードになります)

2CL

さてエジンバラ行きの列車はロンドンを出発ししばらくすると、車窓からは街並みも消えて、イングランドらしい緑あふれる風景になります。特に絶景というわけではないですが、見ていて心を和ませるものがあります。

SOUTH ENGLAND

そしてイギリスでの1等利用の場合は、最初からテーブルにコーヒーカップが置いてあるように、ドリンクや軽食のサービスがあります。この時は土曜でしたので、平日のようなガッツリした食事のサービスはないのですが、回ってきたワゴンからコーヒーやサンドイッチ、スナック、ペストリーなど好きなものをチョイスすることができます。朝ですと下のような取り合わせになります。

BF

そして列車は車両こそやや古いものの、最高速225キロというだけあってなかなかのスピードで運行し、ニューアーク、ヨーク、ダーラムなどの駅に止まっていきます。

YORK

そして東海岸線上では一番の大都市のニューカッスルに到着となりますが、少々長くなってきましたのでここから先はまた来週に書きたいと思います。

N.CASTLE

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで