ブリットレイルパス/フレキシーパスの2日料金が新登場!/New Britrailpass 2days!!

今年はいろいろパスの新商品や販売終了などの変更がありますが、その大きな1つがこのイギリスのブリットレイルパス(フレキシーパス)に新たに2日料金が登場となったことです。

britlogo sma

ブリットレイルパスはイギリスの本島(ブリテン島全体-イングランド、ウェールズ、スコットランド)をカバーするパスで、ブリットレイルフレキシーパスはそのフレキシー版ですが、昨年までこのブリットレイルパス(フレキシーパス)はミニマムが3日で、あと4日、8日、15日、22日、1ケ月の日数設定でした。これに今年から新たに2日が加わったのです。

Euston

この2日料金には特にクラスや年齢等の限定はなく、全ての1等と2等の各料金に追加となっています。実際の料金としては現時点の1月料金でブリットレイルパス(連続タイプ)の2等大人3日が¥21800ですが、2日料金は順当にその3分の2ほどの¥14300と、なかなかの割安っぷりです。ユースの2等2日ですと1万円を切って¥8800ですので、これからの学生旅行にもうってつけといえるでしょう。2日料金を含めたブリットレイル関連パスの料金を当社HPより下に貼りましたのでご確認下さい。

brit

今まではそんなに何日も利用しないのでブリットパスは使わないという方もいらっしゃったでしょうが、今回の2日料金でより短い旅程のお客様にもぐっと利用しやすくなりました。パスはヒースローエキスプレスにも使えますので、それを加えてロンドンからの1日周遊に使ってもいいかもしれません。

hex

なおこの2日料金についてはブリットレイルパス以外のブリットイングランドパスやサウスウェストパスについては新設定はありません。昨年までブリットレイルパスとブリットイングランドパス、サウスウェストパスは利用日数の設定は同じでしたが、今年からはこの2日料金については異なることとなります。また2月末利用分まではブリットレイル関連パスはウィンターキャンペーンが実施されていますが、この2日料金についてはこのキャンペーンの適用はありません。

kx

今年はイギリスに関しては、この2日料金の新設定と、ユーレイルグローバルパスでイギリスが利用できるようになったことでパス利用の選択肢がぐっと増えました。ぜひこれからのイギリス旅行にこうしたレイルパスをご利用ください!

gw

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ユーレイルセレクトパスは2018年で販売終了⇒今後のおすすめはグローバルパスの3/5日! / Eurail selectpass withdrawn by 2018

ご案内していますように今年から各種ユーレイルパスのラインナップは大きく変わりましたが、その大きな変更点の1つは昨年までのユーレイルセレクトパスが販売終了となったことです。
eurail new
ユーレイルパスはヨーロッパ各国から数カ国を選択して利用するパスで、2か国/3か国/4か国から選択でき、長い間ヨーロッパの代表的なレイルパスの1つでしたが、残念ながら昨年末で販売終了となりました。バリエーションが多くなって複雑になりすぎた点が販売終了の理由の1つだったように思います。

FR MIL

では今までセレクトパスを利用していたような数カ国の鉄道旅行の場合、今年からはどのパスを利用したらいいのでしょうか? そうした旅行でのおすすめがユーレイルグローバルパスの日数の短かい3日と5日です。

PRG

グローバルパスはヨーロッパ全体31カ国をカバーするパスで、料金的にも少々高めのイメージでしたが、今年から新たに最短の3日(フレキシー)が新登場し、かなり値ごろ感のある料金となりました。2等であれば当社の今月料金で、大人¥30200(27歳までのユースは¥23300)という手頃さです。5日でも大人¥39000(ユース¥30100)に収まります。

NJ

実際昨年12月時点でのセレクトパスの2等5日料金は4か国(ハイ料金)で大人¥47800、ユースで¥39100、3か国で大人¥41900、ユースで¥34300ですので、セーバー料金がなくなったことを加味しても、全体的にはむしろ安くなったと言ってもいいでしょう。たとえ旅行する国が2~3か国であっても今年からのグローバルパスは十分お勧めできるパスなのです。

ZRH

ぜひ今年からの2か国以上のヨーロッパ鉄道旅行に際しては、このグローバルパスの3日または5日をお考え下さい。数カ国程度を利用するのにもぴったりなおすすめのパスです。

EURAILPASS COVER

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで

ユーレイルグローバルパスの有効国にイギリスが仲間入り!/UK enter Eurail Globalpass countries

2019年に入りました。今年も当ブログではヨーロッパの列車情報などをご案内しますので、ぜひご覧頂ければと思います。
eurail new
さて昨年からお伝えしていますように今年からユーレイルパスにはさまざまな変更がありますが、その大きな1つがユーレイルグローバルパスでイギリス内もカバーするようになったことです。

LON KX

今までイギリスはユーレイル関連のパスではずっと対象外で、周遊するには別途ブリット関連のパスを購入する必要がありました。これが今年2019年よりグローバルパスでヨーロッパの大陸の国々と合わせて利用できるようになったわけで、なかなか画期的なことです。(ユーロスターももちろんカバーします)

LON SP ES

また以前にご案内したように、東欧方面のリトアニアやマケドニアもユーレイルに新加盟となりましたので、これによりグローバルパスで実に、イギリス/フランス/スペイン/ポルトガル/アイルランド/ベルギー/オランダ/ルクセンブルク/ドイツ/スイス/イタリア/オーストリア/デンマーク/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/リトアニア/ポーランド/チェコ/スロバキア/ハンガリー/スロベニア/クロアチア/セルビア/モンテネグロ/ルーマニア/ブルガリア/マケドニア/ボスニアヘルツェゴビナ/ギリシャ/トルコという30以上の国の列車が利用できることとなりました。これでほぼ全てのヨーロッパの国をカバーしていると言っていいでしょう。

MRS TGV INOUI

なおグローバルパスは今年から、最も日数が短く、最安のフレキシー3日料金ができ、たとえばイギリスとフランスの周遊など数カ国程度の短い旅行にもとても利用しやすくなりました。また一方1ケ月以上など長めの利用期間の料金も大きく値下げとなっていて長い日数の旅行にもアドバンテージが大きくなっています。2人以上のセーバー料金はなくなってしまったものの、日本でも多くなってきたシニア世代用のシニア料金が新しくできましたので、全般的にはより割安に旅行を楽しめるようになっています。

MUC ICE1

ぜひ今年は今まで以上に利用しやすくなったグローバルパスで、ヨーロッパの列車旅を楽しんでいただきたいと思います!

EURAILPASS COVER

ヨーロッパの各種列車手配やレイルパスなどのお求めは、専門旅行会社のユーリンクまで