本文へスキップ

ヨーロッパの列車手配ならユーリンクにおまかせください!ユーリンクは、ユーレイルパスやユーロスターなど各種ヨーロッパの列車手配をメインとする専門旅行会社です。

TEL. 03-6434-0468

〒107-0051 東京都港区元赤坂1-1-7-1011

ヨーロッパ鉄道よくある質問2FAQ

日本で購入できるレイルパス/チケット類について  

@レイルパスで「フレキシー」ってどういう意味ですか?
Aレイルパスは現地で買えないんですか?
Bフレキシーパスで夜行に乗る場合の特例があるそうですが?
Cレイルパスの有効日(月)はどのように数えるんですか?
Dパスにはどんな料金が含まれていますか?
Eパスのメリットは何ですか?
Fパスで地下鉄やバスは乗ることができますか?
Gパスを最初に使い始めるときはどうすればいいですか?
H国際列車を利用の場合、通過するだけでもその国で有効なパスが必要ですか?
Iパスを持っているといろいろな割引があると聞きましたが?
Jヨーロッパに住む日本人や日本に住むヨーロッパ人はパスの購入ができますか?
Kパスにはセーバーパスとツインパスというのがありますが、どう違うんですか?
L日本からでも区間チケットが購入できるんですか、またそのメリットは何ですか?
Mユーロスターなどは座席予約と乗車券が一体になった料金だそうですが?
N列車に乗り遅れた場合はどうずればいいんですか?
O日本から予約できる列車とできない列車を教えてください
P現地で使わないで持って帰ってきたパスや乗車券は払戻しできるんですか?

@レイルパスで「フレキシー」ってどういう意味ですか?

レイルパスには連続タイプと、このフレキシータイプとがあります。連続タイプは単純に使い始めた日から何日(または何ヶ月)が有効日になるのに対し、フレキシータイプは1ヶ月や2ヶ月といった一定の有効期間の間にその日数分を選んでとびとびでご使用になれるというものです。たとえばブリットレイルパス(連続タイプ)とブリットレイルフレキシーパス(フレキシータイプ)ですと、同じ4日のものでも、12月1日から使用開始した場合ブリットレイルパスは12月4日までが有効期間ですが、ブリットレイルフレキシーパスは12月31日までの1ヶ月の間が有効期間でその間に好きな4日分ご利用いただけることになります。もちろん1日あたりの金額は連続タイプの方が安くなります。ですので毎日くらい列車にお乗りになるような旅行の場合は連続タイプを、1つの場所で何日か滞在するなど数日に1日利用するような旅行の場合はフレキシータイプをお勧めします。なお最近はフレキシータイプのパスが主流となりました。

Aレイルパスは現地で買えないんですか?

レイルパスは原則として、その通用国や通用エリア外の旅行者を対象としており、通常その通用範囲の国の中では販売されていません。確かに国や場所によっては販売されていることもありますすが、情報が流動的ですので、現地に着いてからの購入はあまりお勧めできません。またたとえばイギリスではスイストラベルパスはもともと通用範囲外ですので販売されていますが、どこで販売されているかを確認されるのも大変ですし、料金的にもあまりメリットがありませんので、出発前に日本で買われた方がベターでしょう。

Bフレキシーパスで夜行に乗る場合の特例があるそうですが?

フレキシータイプのパスで夜行列車に乗る場合、日数のカウントは、その夜行列車に19時以降に乗車し翌朝まで乗りつづける場合、翌日の1日分のみになります。これは夜行列車は必ず利用日が2日にまたがるためそれを公平にカウントするためのルールです。ただしこのルールはあくまで夜行列車に乗車する場合に限ったもので、19時以降であってもその日の内に降りる場合や、夜行列車に乗るため別の列車に乗る場合はその乗車日がカウントされることになります。

Cレイルパスの有効日(月)はどのように数えるんですか?

原則としてパスは発券された日から6ヶ月以内に使用を開始し、その日からその期間分が有効となります。また月の考え方ですが、「1ヶ月」という場合は30日や31日として数えるのではなく、その日翌月の前日までの純粋な1ヶ月分を意味します。ですのでたとえば12月15日に1ヶ月有効のパスを使用開始した場合は1月14日まで、2月1日からの場合は2月28日までが有効日ということになります。

Dパスにはどんな料金が含まれていますか?

レイルパスには乗車券に相当する分だけでなく、ECやICEなどに乗車する場合の追加分(サプリメント)が含まれます。ですのでそうした特急列車に乗る際にも追加分を支払う必要はありません。ただし座席指定料は含まれませんので、TGVやAVEなど全席予約制の列車に乗る際や、ECやICでも座席予約をする場合には別途座席予約料が必要になります。また同様に寝台料金も含まれておりませんので別にお支払いが必要です。

Eパスのメリットは何ですか?

パス利用のメリットは使い方にはよりますが、まずはやはりその安さになります。その国や通用範囲をぐるっと周遊するような旅行の場合パスの方が個別に買われるよりはるかに経済的になります。また2点目としてはもちろんその便利さが大きなメリットとなります。つまり窓口でいちいち並んでチケットを買ったりしないですみますし、また行く先をいつでも自由に買えられるなど自由旅行の方には非常に便利です。また多くのパスには鉄道以外でも、登山列車や観光船、ホテルなどさまざまな特典がありますので、それもメリットとなるでしょう。

Fパスで地下鉄やバスは乗ることができますか?

パスは原則としてその通用範囲内の国鉄やそれに準じた鉄道会社について有効です。ですので通常、市などが運営する地下鉄やバス、トラム(市電)などはご利用にはなれません。例えばレイルパスで、ドイツの大都市圏を走るSバーンは国鉄の列車ですのでご利用になれますが、Uバーンは地下鉄ですのでご利用にはなれません。(ただし例えばスイストラベルパスなどでは市内のバスなどをご利用になれるケースもあります)

Gパスを最初に使い始めるときはどうすればいいですか?

レイルパスは使いはじめる前にバリデーションという使用開始の手続きをうけていただくことになります。これは通常、駅の窓口でパスとパスポートを提示して、パスにスタンプとを通用期間等を入れてもらうというものです。これによりパスは使用可能となりますが、フレキシータイプのパスの場合はさらにご自身で利用日を記入して頂く必要があります。なおこのバリデーションをせずに列車にお乗りになった場合は、50〜100ユーロ相当額程度の罰金の対象となりますので、必ずバリデーションを済ませてからご乗車ください。またフレキシーパスで利用日を記入しないで乗車した場合も同様の罰金の対象となります。なお国際列車等で通用範囲外から入る場合は通常バリデーションは車内でも可能です。 またスイストラベルパスやトランスファーチケットは発券時に自動的にバリデーションがされますので、現地では不要です。

H国際列車を利用の場合、通過するだけでもその国で有効なパスが必要ですか?

ユーレイル関連のパスなどを持って国際列車に乗る場合、途中でパスの通用しない国を通ることがあります。こうした場合はたとえそのパスの通用しない国で下車しなくてもその国の鉄道を利用したことになり、その区間分に有効なパスや乗車券が別途必要になります。たとえばドイツからイタリアへ行く場合、通常オーストリアを一部通過しますが、こうした場合たとえオーストリア内で下車しなくてもオーストリアで有効なパスかその区間の乗車券が必要になります。こうしたケースはドイツからフランスへ移動する場合など他にもありますので、パスをお使いになる際にはよく乗車するルートをご確認ください。(一部例外区間もあります)

Iパスを持っているといろいろな割引があると聞きましたが?

もちろんレイルパスはその有効範囲内の国鉄やそれに準じた鉄道を無制限にご利用になれますが、パスによってはそれ以外でもさまざまな無料や割引の特典(ボーナス)があります。詳細はそれぞれのパスによりますが、例えばブリットレイルパスなどではユーロスターの割引が受けられますし、スイストラベルパスでは都市内のバスやトラムなどの交通機関が無料で利用でき、またジャーマンレイルパスなどではライン川の観光船の割引もあります。なおこうした特典はすべてそのパスの有効期間内においてのみご利用可能です。またフレキシータイプのパスで、無料の特典をご利用になる場合はその日もパスは1日分カウントされます(その日の日付をご記入いただきます)。ただし割引の特典についてはよく扱いが変わることがありますので、出発前または現地でよく確認された方がいいでしょう。

Jヨーロッパに住む日本人や日本に住むヨーロッパ人はパスの購入ができますか?

こうしたレイルパスはその通用国(範囲)外の旅行者を対象としており、通常その通用国に居住している方はご購入、ご利用にはなれません。利用できるかどうかは、国籍ではなく、現在どちらにお住まいかということ(居住国)で決まります。ですので日本国籍であっても留学等で現地にお住まいの方は、その国のパスはご利用になれませんが、逆にヨーロッパの国籍であっても、日本などその通用国以外に居住の場合はご利用になれます。
なおユーレイル関連のパスの場合、その選んだパスの通用範囲に限らず、ユーレイルに加盟するすべての国およびイギリス、ロシアなどにお住まいの方もご利用にはなれません。なおその国に居住しているかどうかは、通常パスの使用開始の時点で、その国に6カ月以上住んでいるかで判断されます。
またもちろん、日本に住むアメリカ人やインド人などや、アメリカやアジアに住む日本人などが購入し利用することは問題ありません。

Kパスにはセーバーパスとツインパスというのがありますが、どう違うんですか?

パスには2人以上が同行する場合の割引として、ツインパスとセーバーパスというものがあります。この違いは、ツインパスが2人を1組としているのに対し、セーバーパスの方は単に2人以上という点です。ですのでツインパスは2人でセットの料金になり、3人目については通常の大人料金となりますが、セーバーパスは1人あたりの料金は共通となりますす。なおツインパスの設定はジャーマンレイルパスのみで、セーバーパスはユーレイルパス、フランスレイルパスなど多くのレイルパスに設定されています。 またブリットレイル関連のパスについてはセーバーは3人以上に適用となります。

L日本からでも区間チケットが購入できるんですか、またそのメリットは何ですか?

現在日本からでも多くの主要区間について区間チケットの購入が可能です。そのメリットは、出発前にチケットがあり行程が確保されている安心感や、現地で購入するわずらわしさがない点、さらにタリス、TGV、ユーロスターなど、グローバル料金(包括料金)のチケットについては、事前に割引の料金で購入できる点ですね。もちろん区間チケットは現地でも買えますが、国によっては窓口が不備で購入が大変だったり、乗る列車や区間によってさまざまな料金があり、同時に有効期間や途中下車の扱いもバラバラで旅行者にとってわかりづらいことがあります。日本で購入していけば安心でスムーズなご旅行がお楽しみになれるでしょう。

Mユーロスターなどは座席予約と乗車券が一体になった料金だそうですが?

従来ヨーロッパの列車の料金体系は、1等、2等の乗車券に、乗る列車によって座席指定料や寝台料をプラスするという形でしたが、最近の特急列車には「グローバル料金」というそれらを全て含んだ包括的な料金システムをとるものが大半となってきました。ユーロスター、タリス、AVE、SJ2000、TGVなどがこれにあたります。こうした列車の場合は全て座席予約、寝台料を含めての料金となっており、条件に応じた各種の割引が設定されています。ただしこのタイプのチケットの場合、予約と乗車券分が込みになっていますので、途中下車は出来ません。途中で下車する場合それぞれの区間を、別々にお求め頂くことになります。

N列車に乗り遅れた場合はどうすればいいんですか?

予約した列車に乗り遅れた場合、基本的にその座席指定券や寝台券などの予約券はその列車についてのみ有効ですので、その予約券は無効となります。ただドイツやスイスなど乗車券(オープンチケット)については同じルートであれば有効期間内どの列車についてもお使いになれますので、後続の列車の自由席や、改めて予約券のみを購入して、ご乗車いただくことが可能です。
また「グローバル料金」のチケットの場合は、その区間、列車やその時の状況にもよって流動的ですが、通常、ノーマル料金の場合また別の列車に変更可能な場合が多いですので(有料や変更不可の場合もあります)あらためて再予約してご利用いただきます。また割引料金の場合はそのまま無効となります。ただし現地で便宜を図ってくれることもあるようですので、どうしてもお困りの場合現地の駅員や乗務員に相談してみてください。

O日本から予約できる列車とできない列車を教えてください

ユーロスター、TGV、ICE、ESイタリア、AVE、ECなどヨーロッパで運転される特急列車のほとんどは日本でのご予約が可能です。またそれ以外でも座席指定のある列車の多くは日本でご予約ができます。一方日本で予約ができないのは、もともと指定席のないローカル列車や、日本からの予約システムがつながらない、バルカン諸国、ギリシャ、ポルトガル内のなど列車になります。ただし通常予約できる列車であっても、スケジュールや料金の変更などがある場合やまた通信の状況が悪い場合など、一時的に予約が出来なくなることもありますのでご了承ください。(ヨーロッパの予約システムは日本ほど精巧にできていませんのでご了承下さい) なお逆に、従来日本で予約できなかった列車が予約可能になることもあります。

P現地で使わないで持って帰ってきたパスや乗車券は払戻しできるんですか?

お使いにならないで帰国された場合、レイルパスについては原則的に、完全に未使用で、発券日から1年以内であれば払戻し可能です。但しその際には最低15%程度の手数料が差し引かれます。また区間乗車券(オープンチケット)の場合は発券日から6ヶ月以内で、完全に未使用で、かつ現地の鉄道会社の不乗証明(スタンプ)がある場合にのみ可能です。但しその際にも所定の手数料が差し引かれます。「グローバル料金」のチケットの場合、払戻しが可能かどうかは、その列車の種類や料金カテゴリーによります。(なお割引料金のチケットは通常払戻できません)なお座席予約券や寝台券は払戻不可となりますのでご注意ください。なおストライキなどサービスを提供する側の理由でご使用になれなかった場合にはお問い合わせください。またチケットの種類によっては例外もありますのでご注意くださいなお払い戻しの期限は通常1年となります。

EurLink/ユーリンク
(なお上記内容は今後変更等になる場合がありますのでご了承ください)
ALL COPYRIGHTS RESERVED by EURLINK 2017/1

バナースペース

ユーリンク/EurLink
(有限会社ユーリンクプランニング)

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-7-1011

TEL 03-6434-0468
FAX 03-6434-0469
mail info@eurlink.jp


<各種お問い合わせはこちら

営業時間 
平日 10:00〜18:30
土曜 11:00〜16:00 (日祝休業)

海外旅行保険なら